[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、今季2勝目を自援護したレーザー二塁打 米記者「174kmの打球ぶちかました」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン。投手としては5回5安打を浴びながら2失点と粘投し、2勝目の権利を掴んだ。打っても第4打席にこの日2安打目となるタイムリー二塁打。痛烈な打球に対し、米記者からは「レーザービーム二塁打だ」などと驚きの声が上がっている。

この日2安打目となるタイムリー二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
この日2安打目となるタイムリー二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

投げて5回2失点で今季2勝目権利、打ってマルチ&タイムリー二塁打

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン。投手としては5回5安打を浴びながら2失点と粘投し、2勝目の権利を掴んだ。打っても第4打席にこの日2安打目となるタイムリー二塁打。痛烈な打球に対し、米記者からは「レーザービーム二塁打だ」などと驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 レーザーのような打球だった。7-2とリードした迎えた6回1死三塁、大谷はこの回から救援している左腕アレンの高め速球をとらえると、痛烈なライナーはぐんぐん伸びた。懸命に背走し、グラブを伸ばした右翼手も捕れない。圧巻のタイムリー二塁打で自らの今季2勝目を援護した。

 ツイッター上で米記者も続々と速報。米スポーツ専門局「ESPN」のアルデン・ゴンサレス記者は「ショウヘイ・オオタニは5回を投げ切り、108マイル(約174キロ)のタイムリー二塁打をぶちかました」、MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニが、ネイラーがミスした二塁打でテイラー・ウォードをホームに返した。しかし、強烈だった。打球速度は108.2マイル(約174.1キロ)だ」と伝えた。

 また、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニがレーザービーム二塁打で今日2安打目!」と報じた。

 さらに1番ウォードが三塁打、大谷の二塁打を経て、トラウトの二塁打につながり、米オハイオ州地元紙「アクロン・ビーコン・ジャーナル」のガーディアンズ番ライアン・ルイス記者は「6回にエンゼルスの上位打線が、ローガン・アレンを相手にボールを強打している。ウォード105.4マイル(約169.6キロ)、オオタニ108.2マイル(約174.1キロ)、トラウト109.5マイル(約176.2キロ)」と記した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集