[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に走者残さない絶好調1番ウォード満塁弾に米記者「オオタニの打点奪い続ける」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン。投手として力投を続けているが、2回に大谷の前を打つテーラー・ウォード外野手が勝ち越しの4号満塁弾で援護した。

満塁本塁打を放ち、本塁上でハイタッチを交わすエンゼルスのテーラー・ウォード【写真:ロイター】
満塁本塁打を放ち、本塁上でハイタッチを交わすエンゼルスのテーラー・ウォード【写真:ロイター】

2回に勝ち越しの4号満塁弾、力投する大谷を大量援護

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン。投手として力投を続けているが、2回に大谷の前を打つテーラー・ウォード外野手が勝ち越しの4号満塁弾で援護した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷の前に大仕事をやってのけた。2-2で2回無死満塁で迎えた好機、ウォードはカウント0-2から相手の先発右腕プリーサックの外角高め直球をとらえると右中間席に突き刺した。豪快な4号グランドスラムに本拠地は熱狂。初回に2失点し、苦しみながらも力投を続けていた次打者の大谷もホームでハイタッチで出迎えた。

 今季のウォードは打撃好調で、試合前まで打率.353。25日(同26日)の試合から大谷に代わって1番に座り、この日の第1打席も二塁打を放って得点した。ツイッター上でも称賛が相次ぎ、アストロズとマリナーズの元スカウトで米誌「フォーブス」などに寄稿するバーニー・プレスコフ氏は「テイラー・ウォードがクリーブランドの投手を痛めつけ続けている。プリーサックからグランドスラムを放った」と速報した。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」のMLB番ジョエル・ロイター記者も「テイラー・ウォードは野球界最高の打者で我々はそれに慣れなきゃいけない」と称賛。また、大谷の前で結果を出し続け、AP通信のジョー・リード記者も「ウォードがキャリア2度目のグランドスラム。オオタニの打点チャンスを奪い続けている」と冗談交じりに走者一掃したグランドスラムを称えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集