[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、7位入賞を呼んだ“大胆な2台抜き”に海外称賛「ツノダは見ていて楽しい」

自動車レースF1は24日、第4戦エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)決勝がイタリアのイモラ・サーキットで行われ、角田裕毅(アルファタウリ)は今季自己最高となる7位入賞を果たした。“2台抜き”で一時は6位になるなど大健闘。スポーツチャンネル「DAZN」はオーバーテイクの動画を公開。海外記者からは「力強い週末だった」「大胆で興奮させる」などと称賛された。

角田裕毅【写真:Getty Images】
角田裕毅【写真:Getty Images】

エミリアロマーニャGP、F1角田裕毅が今季自己最高7位入賞

 自動車レースF1は24日、第4戦エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)決勝がイタリアのイモラ・サーキットで行われ、角田裕毅(アルファタウリ)は今季自己最高となる7位入賞を果たした。“2台抜き”で一時は6位になるなど大健闘。スポーツチャンネル「DAZN」はオーバーテイクの動画を公開。海外記者からは「力強い週末だった」「大胆で興奮させる」などと称賛された。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 12番手からスタートした角田が、8位まで順位を上げた時だった。54周目。3位を走行中にスピンし、ピットインしたルクレール(モナコ、フェラーリ)を追い越し、直後にセバスチャン・ベッテル(ドイツ、アストンマーチン)も一気に抜き去ってみせた。実況も興奮する“2台抜き”だ。

 大健闘の7位入賞だ。米専門誌「オートウィーク」などに寄稿するフィリップ・ホートン記者は、ツイッターで「追い抜いた! ツノダは自身のF1キャリアで最も力強い週末の一つを過ごしている」と脚光。F1公式デジタルプレゼンターのウィル・バクストン氏も「ツノダは大胆で、興奮させ、本当に見ていて楽しい」とツイートし、称賛していた。

 角田は昨季F1ドライバーデビューし、トップ10入りを7回記録。ドライバーズランキングは14位だった。今季は開幕戦のバーレーンGPで8位入賞。今レースはマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル)が今季2勝目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集