[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ21歳安田祐香が3位浮上 プラチナ世代4人目Vへ「このチャンス生かしたい」

国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)第2日は23日、6位から出た安田祐香(NEC)が6バーディー、1ボギーの「66」で回り、通算8アンダーで3位タイに浮上した。首位は通算10アンダーの高橋彩華(東芝)。

2日目を終えて通算8アンダーで3位タイにつけた安田祐香【写真:Getty Images】
2日目を終えて通算8アンダーで3位タイにつけた安田祐香【写真:Getty Images】

女子ゴルフ・フジサンケイレディス第2日

 国内女子ゴルフのフジサンケイレディス(静岡・川奈ホテルGC富士、6447ヤード、パー71)第2日は23日、6位から出た安田祐香(NEC)が6バーディー、1ボギーの「66」で回り、通算8アンダーで3位タイに浮上した。首位は通算10アンダーの高橋彩華(東芝)。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「プラチナ世代」の一人、21歳安田が川奈で輝いた。

「ショットが昨日に引き続き良くて、今日は短いバーディーパットより長めのバーディーパットが入ってくれた。そこが凄く良かった」

 その言葉通り、4番で10メートル、6番で12メートル、14番で7メートルと次々とパットでバーディーを手繰り寄せた。5番パー4で唯一のボギーを叩いたが「3、4番でバーディーで来ていて、ストレスが溜まらないまま回れているので、あまりがっかりもしなかった」と切り替えられた。

 古江彩佳、西村優菜、吉田優利ら、すでにツアー経験のある実力者揃いの「プラチナ世代」。安田は昨季4度のトップ10入りを経験し、今季ツアー出場権を懸けた最終予選会(QT)で20位に入り、前半戦までの出場権を獲得した。

 昨季は故障もあり、苦しんだ時期もあった。「今のところ、痛いところもなくて、ゴルフの調子も開幕から徐々に良くなっていると思う」。今季は前週のバンテリンレディスの20位が最高だが、状態は上がってきている。

 線の細さが目につき、連戦や暑さで体重が落ちてしまうことが課題だった。今は好物の肉を積極的に食べたり、ラウンド中も3、4ホールに1回はおにぎりを食べたり、「お腹が空いてなくても食べるようにしている」と工夫しながら挑んでいる。

「この1か月くらいショット自体はいいと思う。パターが入らなかったり、何かがかみ合わなかったりしただけで、ショットは良いなと思っていた。この2日間はかみ合っている。久しぶりにこういうゴルフできて、うれしいです」

 先週は同じ世代の西村、吉田に加え、小倉彩愛が、優勝した植竹希望とプレーオフで争った。「優勝していない選手も去年プロになって、同世代が凄く増えてうれしい。先週みたいに3人の子が同世代の子がプレーオフしていると自分も頑張ろうと思える。負けないようにしたい」と刺激になった。

 優勝すればプラチナ世代4人目。最終日に向けては「いつも通り」を強調した。

「緊張はしないと思うけど、いい位置で回れていると欲が出てしまう。でも、このチャンスを生かせられるように悔いなく3日目ラウンドできたら」

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集