[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の12K、抜群のキレ表す“証拠データ”にOB絶賛「このスライダー見たことない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。米地元局では大谷が奪三振を記録した12球に注目。うち11球がボール球だったにもかかわらず、打者が振ってしまう切れ味の鋭さに球団OBも「歴史残る投球だ」と舌を巻いていた。

自己最多タイの12奪三振を記録したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
自己最多タイの12奪三振を記録したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アストロズ戦で自己最多タイ12奪三振

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。米地元局では大谷が奪三振を記録した12球に注目。うち11球がボール球だったにもかかわらず、打者が振ってしまう切れ味の鋭さに球団OBも「歴史残る投球だ」と舌を巻いていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 三振の山を築いた。大谷は初回からエンジン全開。低めに鋭く速く落ちるスプリット、大きく曲がるスライダーなどに、打者のバットは次々と空を切った。3回から4回にかけてはアストロズ打線から6者連続奪三振を記録。12奪三振のうち、ストライクゾーンに入っていたのはスプリット1球のみ。低めにボールを集めつつ、内外に散らして相手に的を絞らせなかった。

 米カリフォルニア州地元局「バリースポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、12球全ての投球チャートを動画で公開。キレの良さを表す“証拠”に、この試合の解説を務めた球団OBの元投手マーク・グビザ氏は「何というパフォーマンスでしょう」と脱帽。「こんなスライダーは見たことないよ」「これまでの記録で、タフな登板の後は素晴らしい投球をすると分かっていたけど、これは歴史に残る投球でしたね」と称賛した。

 大谷は6回途中までパーフェクトに封じる快投で今季初勝利。打っても4打数2安打2打点1四球と活躍し、チームの6-0の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集