[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

挑戦者の2.5kg体重超過、再計量オーバーでも試合開催へ 王者陣営「やらない選択肢はない」

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われる。21日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロでパスしたが、世界初挑戦の同級5位・石澤開(M.T)は50.1キロでオーバー。興行は「PXB PHOENIX BATTLE 87」として大橋ジムが主催。映像配信サービス「ひかりTV」「ABEMA」にて生中継(有料)される。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

2.5キロの体重超過となり、呆然とする石澤開【写真:浜田洋平】
2.5キロの体重超過となり、呆然とする石澤開【写真:浜田洋平】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ前日計量

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われる。21日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロでパスしたが、世界初挑戦の同級5位・石澤開(M.T)は50.1キロでオーバー。興行は「PXB PHOENIX BATTLE 87」として大橋ジムが主催。映像配信サービス「ひかりTV」「ABEMA」にて生中継(有料)される。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 石澤がクリアできなかった。計量台に乗ったものの、なかなかクリアがコールされず。関係者、谷口陣営の渡辺均会長らがざわつく中、数十秒後に読み上げられた体重は「50.1キロ」。2.5キロもオーバーする失態に会場は騒然とした。世界戦で日本人が体重超過を犯したのは、2018年4月のWBC世界フライ級王者・比嘉大吾以来2人目。石澤には2時間の猶予が与えられ、再計量を求められた。

 写真撮影、会見も対戦相手不在で行った王者・谷口は「ちょっとこう、計量に失敗したということでどうなるかわからない。ちょっと頭が追いついていない状態です」と複雑な胸中を吐露。ここまでの調整について尋ねられ「2019年9月に石澤選手と試合をしたので、ベースはそこにある。最近の相手の試合を見て、石澤選手の得意なところ、上手なところを見てしっかり研究してきた」と話した。

 石澤は再計量を終えていないものの、谷口陣営の渡辺均会長は試合開催の方針を明言。「ルールでは(契約体重の)8%以内を満たしている。再計量まで努力してほしい。試合はもちろん谷口もやるつもり。谷口にとってつらいことですが、気持ちはしっかり持っていると思う。(やらない選択肢は)ないです。当日計量なども参考にしながら考えたい」とした。

 試合が行われる場合、谷口は戦略について「気持ち的にも、戦い方も変わらない。準備はしてきた。イレギュラーですが、プランは今のままでいきます。自分は石澤選手が体重を作ってくれると信じて集中したい」と堂々と語った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集