[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

また打った鈴木誠也、3度目マルチで打率.429に米記者称賛「本当にエキサイティングだ」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に渡米後初の「4番・右翼」で先発出場。4回の第2打席で左前打を放つと、8回には右前打でマルチ安打を記録。デビューから9戦連続安打で、2007年の岩村明憲(デビルレイズ)の日本人最長記録に並んだ。3打数2安打1死球、2得点の活躍でチームの4-2の勝利に貢献。米記者も速報ツイートで称賛している。

渡米後初の「4番・右翼」で先発出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】
渡米後初の「4番・右翼」で先発出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】

全4打席で出塁、日本人最長のデビューから9戦連続安打

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に渡米後初の「4番・右翼」で先発出場。4回の第2打席で左前打を放つと、8回には右前打でマルチ安打を記録。デビューから9戦連続安打で、2007年の岩村明憲(デビルレイズ)の日本人最長記録に並んだ。3打数2安打1死球、2得点の活躍でチームの4-2の勝利に貢献。米記者も速報ツイートで称賛している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 また打った。初の4番での出場となった鈴木は4回にマクラナハンのカーブを捉えて左前打。二塁へ滑り込みセーフかと思われたが、ベースを離れてしまいアウトとなった。それでも2-2と同点の7回に死球で出塁し、勝ち越しのホームを踏んだ。8回2死の第4打席では、低めのシンカーを上手く拾って右前へ。今季3度目のマルチ安打を記録した。

 相手の失策での出塁も含め、全4打席で出塁した鈴木。カブス担当ライターで、シカゴのスポーツを扱う「CHGO Sports」でポッドキャストを配信するライアン・ヘレラ氏は「セイヤ・スズキがまた出塁。これは予約されたツイートになりつつある」と4打席目の直後にツイッターで速報した。

 米データサイト「ファングラフス」の元記者、アシュレイ・マクレナン氏も「スズキは本当にエキサイティングな選手だ」と同じくツイッターで称賛。この試合前にはナ・リーグの週間MVPを受賞したが、この試合を終えて打率.429とまだまだ勢いは止まらない。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集