[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBでまさかのドタバタ走塁 まるでツイスターゲームで米衝撃「セーフになるとは…」

熱戦が続いている米大リーグで、バタバタの珍走塁が生まれた。18日(日本時間19日)のレッドソックス―ツインズ戦。ヘッドスライディングで三塁ベースに達した走者がオーバーラン。まるでツイスターゲームのような形でタッチをかいくぐり、セーフとなった瞬間をMLB公式も紹介。「信じられない」「凄い」と米ファンも驚きの声をあげている。

レッドソックスのラファエル・デバース【写真:AP】
レッドソックスのラファエル・デバース【写真:AP】

タッチできなかったウルシェラも「ツイスターで遊んでいた」と反応

 熱戦が続いている米大リーグで、バタバタの珍走塁が生まれた。18日(日本時間19日)のレッドソックス―ツインズ戦。ヘッドスライディングで三塁ベースに達した走者がオーバーラン。まるでツイスターゲームのような形でタッチをかいくぐり、セーフとなった瞬間をMLB公式も紹介。「信じられない」「凄い」と米ファンも驚きの声をあげている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 珍プレーは6回1死一塁、レッドソックスの打者ザンダー・ボガーツが左翼線にヒットを放った後に生まれた。一塁走者のラファエル・デバースは一挙三塁へ。ヘッドスライディングでベースに触れたが、勢いあまってベースから離れてしまった。

 これに三塁手ジオバニー・ウルシェラが飛びつくようにしてタッチを試みる。しかし、デバースの体勢がちょうどグラブに触れない形となっていたため、結果的にタッチを回避。この後グラブの上をすり抜けるようにして三塁ベースに触れたデバースはセーフとなった。

 実際の映像をMLB公式インスタグラムが公開。「ラファエル・デバースの水泳のようなワイルドな動き」と紹介すると、タッチできなかったウルシェラ本人も「いや~、ツイスターで遊んでいただけなんだけどね」と反応。米ファンからは「セーフになるとは思わなかった」「色んなアングルから見られて面白いね」「信じられない」「アメージング」「なんというプレーだ」「凄い」などと衝撃を受けた様子だった。

 セーフになったデバースだが、この後に得点できず。試合はツインズが8-3で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集