[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュが投じた928回転/分の変化球 米注目「現地で見たい投手」「エグいね」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地ブレーブス戦に先発登板し、7回途中4安打1失点と好投。今季初勝利を手にした。多彩な変化球も織り交ぜ8奪三振。米国の投球分析家が注目した一球が、928回転/分のボール。左打者の外角にやや逃げるように沈み、「通常の変化と比べるとどうなのか気になる」「魔法だ」と米ファンの興味もそそっていた。

今季初勝利を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】
今季初勝利を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】

ブレーブス戦で今季初勝利

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地ブレーブス戦に先発登板し、7回途中4安打1失点と好投。今季初勝利を手にした。多彩な変化球も織り交ぜ8奪三振。米国の投球分析家が注目した一球が、928回転/分のボール。左打者の外角にやや逃げるように沈み、「通常の変化と比べるとどうなのか気になる」「魔法だ」と米ファンの興味もそそっていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 左打者の外角に、逃げながら落ちた。ダルビッシュが左打者オジー・アルビーズに投じたのはスプリットだ。スロー再生ということもあり、縫い目でボールの回転もしっかり分かる。タイミングが合わなかったアルビーズは、体が前に出されるようにして空振り。球速は89マイル(約143キロ)だったが、回転数の少ない変化球だった。

 この投球を紹介したのは「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏。「ユウ・ダルビッシュ、エグい89マイルのスプリット。928回転/分」と実際の映像とともにツイッターに記した。

 興味を持った様子の米ファンからは「エグいね」「間違いなく現地で見たい投手だ!」「信じられないよ」「通常の変化と比べるとどうなのか気になる」「彼は日本で高速フォークを投げてたよ」「魔法だ」などと書き込まれていた。

 ダルビッシュは今季初登板だった8日のダイヤモンドバックス戦で6回無安打無失点だったが、リリーフが打たれて勝ち星はつかず。前回13日のジャイアンツ戦は2回途中8安打9失点だった。今季初勝利で、メジャー通算80勝を達成している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集