[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ロマチェンコ、相手候補に“英雄”パッキャオが名乗り 「いつでも準備できている」

ロマチェンコ、相手候補に“英雄”パッキャオが名乗り 「いつでも準備できている」

ボクシングWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)はWBA世界ライト級タイトルマッチで、王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKOで破り、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。ウクライナの英雄の新たな対戦相手として、元6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が名乗りを上げている。専門メディアが伝えている。

ワシル・ロマチェンコ、マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ、マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

世界最速で3階級制覇を達成したロマチェンコ、今後の対戦相手にパッキャオが浮上

 ボクシングWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)はWBA世界ライト級タイトルマッチで、王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKOで破り、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。ウクライナの英雄の新たな対戦相手として、元6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が名乗りを上げている。専門メディアが伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 壮絶な死闘の末に、最後はロマチェンコが鮮烈な左ボディーでリナレスをマットに沈めた。このシーンを米スポーツ専門局「ESPN」の公式ツイッターで動画付きで速報。「ショットが見えすらしない!」などファンの熱狂を呼んでいた。

 リング誌が選定する最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位につけるロマチェンコ。ファンからは「(1位の)ゴロフキンより上じゃないか」という声も出つつある中で、パッキャオが対戦に名乗りを上げている。

 メキシコの専門メディア「izquierdazo」は「マニーパッキャオは、ワシル・ロマチェンコとの対戦に興味」と見出しを付けて伝えている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー