[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、79歳敵軍OBも驚いた1戦2発 敵地放送席で談笑ストップ「これは爆弾だ…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2本塁打を含む5打数2安打3打点と完全復活を印象付けた。第3打席に放った豪快な2号2ランの動画を米メディアが公開。レンジャーズOBの79歳レジェンド右腕は「これは爆弾だ……」と唖然とした様子だった。

初球を豪快に右中間スタンドに放り込み、ベースを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
初球を豪快に右中間スタンドに放り込み、ベースを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平の1戦2発に敵地OBも騒然

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2本塁打を含む5打数2安打3打点と完全復活を印象付けた。第3打席に放った豪快な2号2ランの動画を米メディアが公開。レンジャーズOBの79歳レジェンド右腕は「これは爆弾だ……」と唖然とした様子だった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が会話を遮った。初回先頭打席の初球を右中間に放り込み、待望の今季1号。敵地グローブライフ・フィールドに2度目の衝撃を与えたのは、3-6で迎えた5回1死一塁だった。高めのボールを強振。右翼スタンド深くに突き刺さった。MLB公式サイトによると、2本目は飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度108.1マイル(約174キロ)だった。

 敵地テキサスの中継局「バリー・スポーツ・サウスウェスト」の放送席では、球団OBでメジャー通算284勝のレジェンド右腕ファーガソン・ジェンキンス氏がゲスト出演。往年の逸話で和気あいあいと盛り上がっていたところ、大谷の一撃で談笑は一旦ストップした。

 「Wow」「オオ」「間違いない一発だ」と放送席もしばらく騒然。実況は「ショウヘイ・オオタニは今夜2発目です。今回は2ラン。エンゼルスが一気に巻き返してきました」と冷静に語った。しかし、ジェンキンス氏は「これは爆弾だ……」と呆然。1974年に25勝で最多勝投手となり、71年にはサイ・ヤング賞も受賞しているレジェンドも驚く一打だった。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集