[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平2発に「キュンデス!」と米実況席興奮 日本語が話題「実況めっちゃ笑う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、今季1、2号の本塁打を放った。開幕8戦目、31打席目で待望の一発が生まれたが、第3打席にも2号2ラン。地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」が動画を公開し、米実況席も「オオタニ、スゴーイ!」と日本語で興奮を伝えた。

2本目の本塁打を放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
2本目の本塁打を放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平今季1号から一試合2発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、今季1、2号の本塁打を放った。開幕8戦目、31打席目で待望の一発が生まれたが、第3打席にも2号2ラン。地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」が動画を公開し、米実況席も「オオタニ、スゴーイ!」と日本語で興奮を伝えた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が沸かせた。初回先頭打席、初球を右中間に運んで待望の1号。衝撃的だったのは3-6の5回1死一塁だ。高めの球を強振し、右翼へぶっ飛ばした。米実況席は「オオタニがもう一本を右翼席に運んだぞ! 突き刺した!」とコメント。「エンゼルスもこの一発で生き返った」と語った。三塁ベースを回った後に、解説者も「Wow! オオタニ、スゴーイ!」と日本語で熱狂。ベンチに戻ってきた時には「キュンデス!」と日本の若者言葉が飛び出した。

 同局公式ツイッターは実況付きの動画を公開。ツイッター上の日本人ファンからは「スゴーイって叫んでるのがオモロい」「興奮した実況にも煽られる」「実況めっちゃ笑う」「ショウヘイキュンデスはワロタw」「キュンデス、どこで情報仕入れてんだか」「キュンです!」「キュンですって言ってた笑」と注目を浴びた。

 MLB公式サイトによると、大谷に2発目は飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度108.1マイル(約174キロ)だった。完全復活に米実況席も大盛り上がりのようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集