[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也の目を引くスタッツ“3発&2振” カブス地元記者「衝撃的」「クレイジーだ」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は13日(日本時間14日)、敵地パイレーツ戦に「5番・右翼」で先発し、開幕から5試合連続安打を放つなど3打数1安打1打点1四球を記録した。ここまで3本塁打9打点、打率.400と活躍中の鈴木だが、地元記者はあるスタッツに注目して称賛を送っていた。

開幕5試合で3本塁打の鈴木誠也【写真:AP】
開幕5試合で3本塁打の鈴木誠也【写真:AP】

開幕5試合で3本塁打の鈴木誠也を番記者が賞賛

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は13日(日本時間14日)、敵地パイレーツ戦に「5番・右翼」で先発し、開幕から5試合連続安打を放つなど3打数1安打1打点1四球を記録した。ここまで3本塁打9打点、打率.400と活躍中の鈴木だが、地元記者はあるスタッツに注目して称賛を送っていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 米イリノイ州シカゴ市地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」のポッドキャスト番組「カブス・トーク」に出演したのは、同局のゴードン・ウィッテンマイアー記者だった。好調の鈴木について、「4試合目の最終投球まで3本塁打、2空振りだった」とスタッツを持ち出して説明。「これはクレイジーだよ」と驚いていた。

 そのうえで「マイナス点もある」と見逃し三振が4つあることを指摘。「これらが物語っているのは、彼がまだ満足するには至っていない、適応の一部なんだということだ」と持論を展開した。尻上がりに調子を上げた春季キャンプについて「米国と日本の投球の一般的な違いを感じようとした。彼はすべての球に対して振っていた。たくさん空振りしていたからね」と言及し、このように続けた。

「開幕戦でサイ・ヤング賞投手と対戦することは知っていた。加えて素晴らしい2投手。同地区最高の投手3人と言っても過言ではない。そこで彼は我慢を続けた。計画だったわけだ。火曜日に彼は少し積極的になった。特に1本目の本塁打後にね。今のところ驚くべき早さの成長曲線を描いている。衝撃的だし、見ていて楽しいよ」

 ロックアウトで移籍交渉がストップし、カブスと契約に至ったのは先月18日(同19日)だった鈴木。渡米後まもなく春季キャンプ入りしたが、ウィッテンマイアー記者は開幕シリーズで昨季のサイ・ヤング賞受賞投手コービン・バーンズ、球宴に選出されたブランドン・ウッドラフとフレディ・ペラルタら強力投手軍を擁するブルワーズと対戦することを見越して計画的に準備していたと称賛した。

 鈴木は12日(同13日)のパイレーツ戦で2打席連続アーチを放つなど早くも打撃力を発揮。さらに同僚左腕スティーブン・ブロールトが「彼は英語を話すことができないけど、すごく面白いんだ」「とにかくゲラゲラ笑ってしまう」と話すなどコミュニケーションもうまくいっている様子。打席以外でも適応力の高さを見せている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集