[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太「総合力で上をいかれた」 世界最強ゴロフキンと激闘の9R「こんなラッキーな男いない」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、ゲンナジー・ゴロフキンへ攻め込む村田諒太【写真:荒川祐史】
WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、ゲンナジー・ゴロフキンへ攻め込む村田諒太【写真:荒川祐史】

ゴロフキンに脱帽、声援に感謝「皆さんが楽しんでくださったかどうか」

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 どこかすがすがしい表情だった。激闘を戦い終えた村田は第一声、「皆さん、応援ありがとうございました」と言った。

「想像していたものと違うこと感じた。自分が思っていたより凄いなと思う点と、これは結構いけたなという点もある。でも、パンチの角度とか、総合力で上をいかれている気がした」

 試合後、互いに拳を合わせ、抱き合ったゴロフキンを称えた。序盤はゴロフキンを攻めた。「僕がやった、やらないが大事かもしれないけど、皆さんが楽しんでくださったかどうかが大事なので」。そう言うと拍手が沸き起こった。

「こうやって拍手をいただけることすごくうれしく思う。まだわからないけけど、2人とも無事にリングから降りられる。神様に感謝したい」

 日本ボクシング史上最大のビッグマッチ。「2年4か月、試合していなくて、ここでゴロフキン選手と試合できる、こんなラッキーな男はいない。デビューから追いかけてきた相手。こうやって皆さんから拍手をもらえることをうれしく思います」と感謝した。

 1万5000枚超のチケットが用意された世紀の一戦は大いに盛り上がった。満員のファンが村田の勝利を信じ、入場から大きな声援を送った。日本人王者は精悍な顔つきで落ち着いた様子。一方、赤コーナーのゴロフキンが入場すると、会場の一部を陣取った30人ほどの外国人ファンがカザフスタン国旗を振った。

 歴史的ゴングと同時に大歓声。宣言通り、村田は初回から前に出ることを試みた。ジャブで様子を見るゴロフキンに対し、鉄壁のガードを固めつつワンツー、ボディーを浴びせた。鈍い音が鳴り響く会場。凄まじい緊張感に包まれた。2回、ジャブを増やすゴロフキンに村田は左ボディー。右ボディーストレートを加え、重い拳を入れ続けた。被弾はするものの、目論み通り圧力をかけて下がらせた。

 会場の大型ビジョンで村田が右ストレートを当てた瞬間が流れると、場内はどよめき。3回、攻勢を強めたゴロフキンに再三ボディーを効かせた。「チャンスや! 村田!」とファンも熱狂。ボディーを嫌がる絶対王者と打撃戦で渡り合った。4回、相手の左ジャブに顎を跳ね上げられたが、勇気を持って反撃。ロープに詰めて観客から「村田! 村田!」のコールを引き出した。

 5回、左右の連打やアッパーを被弾。ラッシュを受けたが、決して下がらない。互いに顔が赤く腫れ、息詰まる熱戦。6、7回は、村田の受ける時間が長くなった。8回、右ストレート2連発を被弾。何度ロープを背負っても打ち返した。9回、連打によろけ始めたが、大歓声が背中を支えた。しかし、勇敢に反撃に出た時、最後は強烈な一撃をもらってプロ初ダウン。膝から崩れ、レフェリーが試合を止めた。

 村田がずっと追い求めた強敵だった。ゴロフキンはミドル級歴代最多の通算21度の防衛を誇る歴史的スーパースターだ。世界タイの17戦連続KO防衛の記録を打ち立て、主要4団体のうち3つのベルトを統一。過去には、全17階級で体重差がなかった場合の実力をランキング化した「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でも長く1位に君臨していた。

 総額20億円を超える日本ボクシング史上最大の興行。日本人がゴロフキンと互いの王座を懸けて戦うこと自体が「奇跡」とされていた。当初は昨年12月29日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。村田は過去2年、コロナ禍で試合ができず、19年12月の初防衛戦以来2年4か月ぶりのリング。ゴロフキンは20年12月以来1年4か月ぶりだった。

 世界的に層が厚いミドル級。体格に恵まれないアジア人には縁のない領域だったが、切り拓いてきたのが村田だった。アマチュア時代の11年世界選手権で銀メダル。12年ロンドン五輪で金メダルに輝くと、プロ転向後の17年10月に世界王座を奪取した。2度目の防衛戦となった18年10月にロブ・ブラント(米国)に敗れたが、19年7月の再戦で王座奪還。数々の日本人初の偉業を成し遂げたが、生きるレジェンドに無念の敗北を喫した。

 ゴロフキンは20年12月以来1年4か月ぶりの試合。今年9月には、過去1敗1分けの「カネロ」こと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)との3度目の対戦に向かうと海外メディアは伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集