[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

他の選手も「愛ちゃん、変わったね」 苦しんだ賞金女王、鈴木愛が自信を取り戻したワケ

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第2日が9日、埼玉・石坂GCで行われた。4位から出た鈴木愛(セールスフォース)が、6バーディー、1ボギーの67で通算8アンダー。単独首位に立った。今季は出場4試合のうち、2試合で優勝争いを演じ、オフのスイング改造にも手応えを感じている。6月の全米女子オープン出場も明言。自信を取り戻してきた元賞金女王が、果敢にツアー18勝目を狙う。

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン、単独首位に立った鈴木愛【写真:Getty Images】
富士フイルム・スタジオアリス女子オープン、単独首位に立った鈴木愛【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第2日

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第2日が9日、埼玉・石坂GCで行われた。4位から出た鈴木愛(セールスフォース)が、6バーディー、1ボギーの67で通算8アンダー。単独首位に立った。今季は出場4試合のうち、2試合で優勝争いを演じ、オフのスイング改造にも手応えを感じている。6月の全米女子オープン出場も明言。自信を取り戻してきた元賞金女王が、果敢にツアー18勝目を狙う。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー4。鈴木は4メートルのパーパットを決めて、首位を守った。「このライン、この強さ」。確信を持ったかのようにストロークし、ボールがカップに沈むと右拳を握った。

「このコースはグリーンにも起伏がある分、パット勝負になるので、少し有利に感じます。パットには自信があるので、なるべく、グリーンに乗せていきたいです」

 なかなか言えないコメントだが、ショットも好調だ。奪った6バーディーは、全てピン4メートル以内につけている。

「オフにアメリカで3週間、練習しました。グチャグチャになっていたスイングをコーチと修正しました」

 師事するのは南秀樹コーチ。ジュニア時代から2015年まで指導を受けてきた恩師で、7年ぶりにタッグを組んだ。そして、極端な横振りになっていたバックスイングを修正するなどし、今季に臨んでいる。

「他の選手からも『愛ちゃん、変わったね』と言われます」

 考え方も変わった。19年の全英女子オープン後は海外の試合には出ていないが、世界ランキングで出場権を獲得した全米女子オープン(6月2~5日)への出場を宣言した。

「周りから『どうせ、愛ちゃんは出ないよね』と言われると思ったので、出たくなりました(笑)。というよりも、去年より、自分がレベルアップしているので、『もう、行っても大丈夫』という自信が湧き出ています。あとは、(海外メジャーは)ポイントが高いというのもあります」

 鈴木の言葉通り、ツアーでは今季から海外メジャー戦もポイント加算されるメルセデス・ランキング(MR)が、賞金ランキングよりも、優位性を持っている。来季のシード権もMRで決まることから、国内の試合を休みやすい状況にはなっている。

 さまざまな変化も踏まえ、鈴木は言った。「自分の中では優勝に近づいていると感じます」。17年、19年の賞金女王が、取り戻した自信を胸に勝利を狙う。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集