[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米実況も“騙されて”絶叫した大飛球 米ファンも「入ったかと思った」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地で行われるアストロズ戦で「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場。5回途中1失点の力投実らず、敗戦投手に。打席では4打数無安打だった。8回の打席は右飛に終わったが、「ショウヘイ! 右翼へ高く舞い上がった!」と現地実況も“騙されてしまうほど”の大飛球。米ファンからは「入ったと思ったじゃん」などと嘆きの声が寄せられている。

開幕戦で、打者としては4打数無安打に終わったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
開幕戦で、打者としては4打数無安打に終わったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷の大飛球に米実況は「ショウヘイ! 右翼へ高く舞いがった!」と興奮

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地で行われるアストロズ戦で「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場。5回途中1失点の力投実らず、敗戦投手に。打席では4打数無安打だった。8回の打席は右飛に終わったが、「ショウヘイ! 右翼へ高く舞い上がった!」と現地実況も“騙されてしまうほど”の大飛球。米ファンからは「入ったと思ったじゃん」などと嘆きの声が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 MLBキャリアで初の開幕投手を務めた大谷。5回途中にマウンドを降りた。しかし、今季からの二刀流ルールにより、打者としては出場続行。2点を追いかける8回裏に第4打席を迎えた。2死三塁、カウント2-2からの5球目。内角高めの直球を叩くと、打球は右翼へ高く舞い上がった。

 この打球に現地中継局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況、マット・バスガーシアン氏は「ショウヘイ! 打球は右翼へ高く舞い上がった!」と絶叫。まるで本塁打を確信したかのような実況だったが、打球は右翼手のグラブに収まった。

「十分ではありませんでした」と最後に残念そうに付け加えたバスガーシアン氏。実際の映像をスポーツメディア「ブリーチャー・リポート」の野球専門公式ツイッター「BRウォークオフ」が公開すると、米ファンからは「入ったと思ったじゃん」「恥ずかしい」「(笑)」「めっちゃ興奮している」などと反響が寄せられた。

 9回の攻撃も無得点に終わったエンゼルス。1-3で敗れ、今季初勝利はお預けとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集