[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

息子が大谷翔平と対戦 “デビュー戦”にド緊張の両親に現地笑撃「落ち着かないと」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、ドジャースとのオープン戦に「1番・DH」で出場。1打数無安打1四球だった。第1打席ではメジャー未経験ながら、100マイル(約161キロ)の剛球を投じる23歳ボビー・ミラー投手と対戦。見逃し三振だった。“初登板”をスタンドで観戦したミラーの両親は、大谷との対戦にド緊張した様子だった。現地中継の実況席からは「落ち着かないといけない人たち」と笑いが漏れていた。

大谷から三振を奪ったドジャースのボビー・ミラー【写真:Getty Images】
大谷から三振を奪ったドジャースのボビー・ミラー【写真:Getty Images】

ドジャース先発・ミラーの“初登板”を両親が観戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、ドジャースとのオープン戦に「1番・DH」で出場。1打数無安打1四球だった。第1打席ではメジャー未経験ながら、100マイル(約161キロ)の剛球を投じる23歳ボビー・ミラー投手と対戦。見逃し三振だった。“初登板”をスタンドで観戦したミラーの両親は、大谷との対戦にド緊張した様子だった。現地中継の実況席からは「落ち着かないといけない人たち」と笑いが漏れていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 我が子の“デビュー”を固唾をのんで見守った。ドジャースの有望株ミラーは、初回先頭でいきなり大谷と対戦。臆さずに真っ向勝負を挑んだ。初球はいきなり100マイルの剛速球を内角低めに投じるなど、6球中5球がストレート。いずれも99~100マイルの速球で、1球もスイングしなかった大谷から見逃し三振を奪った。

 ア・リーグMVPとの対戦に、観客席で見つめたミラーの父は祈るように手で顔を覆い、母は見逃すまいとスマホで撮影。マウンド上の本人以上に緊張感を漂わせていたが、三振を奪うと顔がほころび、ガッツポーズが出た。

 米カリフォルニア州地元局「スペクトラム・スポーツネット」のドジャース専門ツイッターは実際の動画を公開。実況席はカウント3-2の場面で「落ち着くべき」とミラーにアドバイスを送ったが、直後に映った両親に対して「見てください。これが落ち着かないといけない人たちですね」と冗談交じりにコメント。「一生忘れられないでしょうね」と注目していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集