[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を三振に仕留めた23歳が大興奮「キャリアのハイライト」「頭が真っ白に…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、ドジャースとのオープン戦に「1番・DH」で出場。第1打席は見逃し三振に倒れた。対戦した23歳ボビー・ミラー投手はメジャー未経験。“初めて”の対戦が昨季MVPの大谷相手だったが「頭が真っ白になりかけた」と興奮気味に語った。

エンゼルスとのオープン戦に登板したドジャースのボビー・ミラー【写真:AP】
エンゼルスとのオープン戦に登板したドジャースのボビー・ミラー【写真:AP】

ドジャース先発・ミラーが登板後にコメント

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、ドジャースとのオープン戦に「1番・DH」で出場。第1打席は見逃し三振に倒れた。対戦した23歳ボビー・ミラー投手はメジャー未経験。“初めて”の対戦が昨季MVPの大谷相手だったが「頭が真っ白になりかけた」と興奮気味に語った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 真っ向勝負で三振を奪った。メジャーでの登板はないが、将来を期待されるミラーは初球でいきなり100マイル(約161キロ)の剛速球を内角低めに投げ込んだ。6球中5球がストレート。いずれも99~100マイルのスピードボールで、1球もスイングしなかった大谷から見逃し三振を奪った。

 ドジャース公式誌「ドジャー・インサイダー」公式ツイッターは降板後のミラーのコメントを紹介。大谷からの奪三振後は「頭が真っ白になりかけた」そうで、「自分のキャリアのハイライトだろうね」と満足げだったようだ。この日23歳の誕生日を迎えたミラーは、2020年のドラフト1巡目(全体29位)指名でドジャースに入団。大谷の第2打席では四球を与えた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集