[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也のライナーが同僚投手に直撃 近寄り心配する一幕を米報道「完璧な当たりだ」

米大リーグ・カブスに移籍した鈴木誠也外野手は3日(日本時間4日)、実戦形式の練習で強烈な打球を放った。同僚の左腕ジャスティン・スティールの投球をピッチャー返し。ライナーで直撃し、一塁に走るのをやめて心配する姿も。米記者は「完璧な当たり」「大丈夫のようだ」と伝えている。

カブスの鈴木誠也【写真:Getty Images】
カブスの鈴木誠也【写真:Getty Images】

実戦形式の練習で強烈なライナーを放つ

 米大リーグ・カブスに移籍した鈴木誠也外野手は3日(日本時間4日)、実戦形式の練習で強烈な打球を放った。同僚の左腕ジャスティン・スティールの投球をピッチャー返し。ライナーで直撃し、一塁に走るのをやめて心配する姿も。米記者は「完璧な当たり」「大丈夫のようだ」と伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 開幕に向けて調整を続ける鈴木。快打を放ったが、一瞬ヒヤッとしたようだ。左腕スティールとの対戦。綺麗に打ち返した打球は、マウンド上のスティールの臀部にライナーで直撃した。鈴木は心配そうに、一塁へ走るのを途中でやめる。ボールを拾って一塁へ送球したスティールに近寄り、声をかけてタッチをかわした。

 鈴木は投球を終え、マウンドを降りたスティールにも肩を抱くようにして話しかけていた。地元紙「シカゴ・トリビューン」のメーガン・モンテムロ記者は実際の映像をツイッターに公開し「打撃直撃のスティールは大丈夫のようだ。スティール曰く、スズキのライナーをまともに食らい、完璧な当たりだったという」と伝えていた。

 また米地元放送局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」のレポーター、トニー・アンドラツキ氏は「スティールはスズキのライナーを受けた。しかし、心配するような姿は見せず、笑っていた」とツイッターで紹介していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集