[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界フィギュア鮮烈デビューの米17歳 日本のファンを釘付けにした理由「脚なっが」

フィギュアスケートの世界選手権は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、イリア・マリニン(米国)が100.16点の鮮烈デビューを飾り4位に入った。“4回転の神”の異名を持つ17歳に、日本のネット上では「脚が長いし座高が低すぎる」「マリニンくん脚なっが」と話題になった。

自己ベストを更新し、4位となったイリア・マリニン【写真:Getty Images】
自己ベストを更新し、4位となったイリア・マリニン【写真:Getty Images】

世界選手権SPでいきなり100点超え

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、イリア・マリニン(米国)が100.16点の鮮烈デビューを飾り4位に入った。“4回転の神”の異名を持つ17歳に、日本のネット上では「脚が長いし座高が低すぎる」「マリニンくん脚なっが」と話題になった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界をあっと驚かせた。マリニンは冒頭の4回転ルッツを成功させると、続く4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプ、3回転アクセルにも着氷。世界選手権デビューで自己ベストとなる100.19点をマークした。国際スケート連盟(ISU)公式インスタグラムは、文面に「世界選手権デビューのマリニン、なんてパフォーマンスだ」などと記して脚光を浴びせた。

 168センチと決して長身ではないものの、長い脚から優雅に繰り出される4回転ジャンプに、ツイッター上のファンも釘付け。「脚が長いし座高が低すぎる」「コンパスみたいな脚だなマリニンくん」「マリニンくん脚なっが」「全米の時より更に長くなってない?」「マリニンくんめっちゃ脚ながー」「脚が長すぎて脳がバグる」と驚愕の声が上がっていた。

 17歳のマリニンは1月に行われた全米選手権で、チェンに次ぐ2位に入り一躍注目を浴びた。国際舞台の実績が少ないこともあり、北京五輪代表の座は惜しくも逃したものの、インスタグラムではユーザーネーム「quadg0d(4回転の神)」に恥じない練習映像を公開。4回転ジャンプを次々に着氷する姿が大きな話題になった。フリーでは日本時間26日の22時17分に登場する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集