[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、敵地のブーイング黙らせる快投 「オオタニがシアトルに静寂もたらした」

大谷翔平、敵地のブーイング黙らせる快投 「オオタニがシアトルに静寂もたらした」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に中11日で先発し、7回途中を6安打2失点6奪三振と好投。チームを8-2の快勝に導き、3勝目(1敗)を手にした。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

オフはマリナーズ入りが噂されていた大谷、マウンドにブーイングの雨

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に中11日で先発し、7回途中を6安打2失点6奪三振と好投。チームを8-2の快勝に導き、3勝目(1敗)を手にした。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 160キロを超える直球、そして鋭く沈むスプリットに加えて、この日はスライダーで、打者のバットに空を切らせた大谷。MLB公式ツイッターがこの日の6つの三振を公開。うち4つのスイングアウトを奪ったスライダーに、ファンからは「ノーチャンスだ」などと驚愕の声が上がっていた。

 米メディアも大谷の快投に拍手を送っている。米ヤフースポーツは「大ブーイングを浴びせられたショーヘイ・オオタニが、彼らからそれを失わせる力強いショーを披露」のタイトルで大谷の5度目の先発をレポートしている。

「ブーイングの大合唱がスタンドからセーフコ・フィールドへと滝のように流れ落ちてきた。それは、エンゼルスの二刀流、ショーヘイ・オオタニがマウンドでウォームアップを始めた瞬間からだ。それは、驚きの事ではなかった」

 記事では、マ軍の本拠地セーフコ・フィールドに集まった観衆から、大谷へブーイングの雨が降り注いだことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー