[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵地のブーイング黙らせる快投 「オオタニがシアトルに静寂もたらした」

「ブーイングは次第に失われていった。オオタニが黙らせる活躍を披露したからだ」

「シアトルのマウンドに立った彼は、青と白のユニフォームではなく、赤とグレーのユニフォームを身につけていた。イチローがシアトルに17年在籍したように、彼もマリナーズとサインすると誰もが期待していたからだ。シーズン前はマリナーズ入団が濃厚とされていた」


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 開幕前、マリナーズファンは大谷の姿にイチローを重ね合わせていたのだという。しかし、それがかなわなかったからこそのブーイングだった。

「スタジアムのスピーカーから大音量でオオタニの名前が呼ばれた際、彼らは渾身のブーイングを送った。しかし、そのブーイングは次第に失われていった。オオタニがそれを黙らせる活躍を披露してしまったからだ。オオタニが、シアトルに静寂をもたらしたのだ」

 回を重ねるごとに大谷へのブーイングは減っていったという。まさに大谷の圧巻の投球がマリナーズのファンを静まらせたのだとしている。

 かつての“恋人たち”をも沈黙させた。敵地の洗礼も、左足首の不安も、大谷にとってはどこ吹く風だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集