[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本は「世界のスケーターが愛してやまない」 メドベージェワが明かした思い出とは

フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が3年前の世界選手権を振り返った。さいたま市で開催された大会。日本語で「最も思い出深いメダル」と愛を込めて回顧している。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

2019年、埼玉で行われた開催大会を回顧

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が3年前の世界選手権を振り返った。さいたま市で開催された大会。日本語で「最も思い出深いメダル」と愛を込めて回顧している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 2018年の平昌五輪で銀メダルを獲得した翌年の世界選手権。ショートプログラム(SP)でシーズンベストとなる74.23点を記録し4位に入ると、フリーでも149.57点をマークして銅メダルを獲得した。金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)、銀メダルのエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)と表彰台に立ち、笑顔で銅メダルを首からかけた。

 当時10代だったメドベージェワは自身のインスタグラムで、微笑みながら花束と銅メダルを持った写真を公開。文面にはロシア語とともに、「ちょうど3年前の世界選手権の銅メダルは、私のキャリアで最も思い出深いメダルの一つです。世界のフィギュアスケーターたちが愛してやまない、日本で開催された世界選手権でした」と日本語でも記した。

 大会後もアイスショー出演のために日本に残り、ショッピングモールで買い物を楽しむ姿などが話題となったメドベージェワ。ロシア勢は出場しないが、今季の世界選手権は23日の女子SPで幕を開ける。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集