[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1フェルスタッペン、怒りのレース後に急転した行動に海外称賛「マックスが大人に…」

F1開幕戦バーレーンGPは20日、決勝が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝した。終始2番手を追走したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは最終盤にマシントラブルが発生。無線で怒りを爆発させ、リタイアに至った。しかし、レース後にはルクレールの元に駆け寄り、祝福した。ファンからは「これぞF1」「マックスは大人になった」などの声が寄せられている。

レッドブルのマックス・フェルスタッペン【写真:AP】
レッドブルのマックス・フェルスタッペン【写真:AP】

57周レースで54周目にリタイア、陣営に不満を爆発していた

 F1開幕戦バーレーンGPは20日、決勝が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝した。終始2番手を追走したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは最終盤にマシントラブルが発生。無線で怒りを爆発させ、リタイアに至った。しかし、レース後にはルクレールの元に駆け寄り、祝福した。ファンからは「これぞF1」「マックスは大人になった」などの声が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 フェルスタッペンは終始2番手を走行していたが、最後のピットストップ後にマシンの異常を訴えた。ピットに戻ったが、結局は57周のレースの54周目にリタイア。海外メディアの報道によると、レース中の無線でフェルスタッペンは「なんだこれは。この野郎」と陣営に暴言を吐くなど大荒れだったという。

 開幕戦で痛いノーポイント。しかし、すぐ気持ちを切り替えた。フェルスタッペンは、レース後のインタビューを受けていた勝者のルクレールの元に駆け寄り、言葉や握手を交わし、相手を祝福した。実際の様子をF1の公式インスタグラムが「夜の大変なレースのあと、ライバル同士でリスペクトを示し合った」と文面に添えて公開している。

 あふれるスポーツマンシップにファンからは「最高だ」「これぞF1」「美しいライバル性」「本当のレジェンド」「この人たちが大好きだ」「マックスは大人になった。今日は不運だった」などと反響が寄せられた。

 フェルスタッペンは自身のツイッターを更新。「辛い1日だった。結果には大変失望した。ここからまた頑張っていく。もっと強くなっていくよう努力を続けていく」と決意を誓っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集