[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平、現役最終演技の鉄棒で着地乱れ「だからTHE FINALなんです」 納得できず苦笑い

体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。「美しい体操」にこだわったレジェンドが現役最後の演技をやり切った。

引退イベント、個人総合6種目の演技後に胴上げされる内村航平【写真:高橋学】
引退イベント、個人総合6種目の演技後に胴上げされる内村航平【写真:高橋学】

内村航平引退イベント、個人総合6種目を完遂

 体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。「美しい体操」にこだわったレジェンドが現役最後の演技をやり切った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 内村が最後も魅せた。全体トップバッターで行った床運動は、難なくまとめて大きな拍手を受けた。どの種目でも他の選手たちから「ガンバ!」の声かけ。種目ごとに1枚の写真でこだわりのシーンを振り返ったが、納得のいかない内容には自らダメ出しを送った。「根っからの体操小僧なんですよ」。全盛期とは遠い演技には「だからTHE FINALなんです」と自虐的に笑った。

 平行棒では微動だにしない美しい倒立を披露した。最後は「親友になれた」と語る鉄棒。荘厳なBGMが流れる中、スポットライトの花道を歩いて向かった。数々の名場面を生んだ種目。拍手の中で精神統一すると、静寂に包まれた。冒頭に披露したのは極めてきたH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」。悲鳴交じりの歓声が上がった。

 離れ技を決めると、最後の着地はやや後方に踏み出したが、美しくまとめて会場からは万雷の拍手だ。笑顔で仲間たちと順番にハイタッチ、ハグを交わした。選手らに胴上げされ、6度宙を舞った。空中姿勢の写真で演技を振り返り「鉄棒の上に真っ逆さまに空中にいるのは非現実すぎて、そこを撮ってもらいたいとお願いした。こんなに綺麗に撮ってもらえると思っていなくて嬉しいです」とコメント。しかし、演技には「ダメでしたね」と苦笑いし「離れ技も全部近かった。最後の着地も止められなかった。だからTHE FINALなんです」と再び笑った。

 両肩痛など満身創痍の状態が続き、2020年から鉄棒に専念した。「6種目やってこそ体操」と信念を持つ個人総合。前日会見で「大事にしてきたのは美しさ、着地。最後に今までやりたかった美しさの部分を存分に見せられたら」と語った通り、難度を落としながらも好演技を届けた。

 エキシビション形式で採点、順位もない体操界では異例の演技会。内村が携わった演出は大型ビジョン、ライトアップもこれまでにないものとなった。客席は最も近いところで2メートルもなく、選手の迫力を間近で感じられる仕様に。鉄棒をアリーナ中央にするなど器具の配置も工夫され、集まったファンは日本代表による世界レベルの技に拍手喝采だった。

 山室光史、田中佑典、加藤凌平、白井健三さんと団体金メダルを獲得したリオ五輪メンバーのほか、橋本大輝、萱和磨、北園丈琉、谷川航、亀山耕平の東京五輪メンバーも集結。苦楽をともにした豪華な顔ぶれが内村のために集まり、白井さんが床運動と跳馬で自身の名のついた「シライ」を決めるなど引退に花を添えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集