[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平よりデカい米大学1年生 7回1失点→翌日逆転2ランで米絶賛「オオタニの真似」

米大学野球で二刀流選手がチームを優勝に導いた。先発登板で7回1失点の力投を見せた翌日、逆転本塁打を放つ大車輪の活躍。米大リーグ(MLB)で活躍するエンゼルスの大谷翔平投手になぞらえて、地元紙は「ショウヘイ・オオタニの真似を高いレベルでやってのけた」などと二刀流を称賛した。

米大学野球にも大谷級の活躍を見せる二刀流選手が(画像はウィチタ州立大野球部公式ツイッターより)
米大学野球にも大谷級の活躍を見せる二刀流選手が(画像はウィチタ州立大野球部公式ツイッターより)

ウィチタ州立大の1年、ペイトン・トールが二刀流の活躍

 米大学野球で二刀流選手がチームを優勝に導いた。先発登板で7回1失点の力投を見せた翌日、逆転本塁打を放つ大車輪の活躍。米大リーグ(MLB)で活躍するエンゼルスの大谷翔平投手になぞらえて、地元紙は「ショウヘイ・オオタニの真似を高いレベルでやってのけた」などと二刀流を称賛した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 脚光を浴びたのはウィチタ州立大のペイトン・トール。同野球部の公式サイトによれば身長1メートル98センチ、体重113キロの大型1年生。193センチ、95キロの大谷より一回り大きい体格を誇る。トールは5日(日本時間6日)のワシントン州立大との試合に先発登板。7回1失点の快投で、チームを勝利に導いた。

 さらに圧巻だったのは翌日のテキサスA&M大との一戦。「6番・指名打者」で先発出場すると、1点ビハインドの7回に右翼席へ一時逆転となる2ランを放ち、チームの勝利に貢献した。トールの連日の活躍により、ウィチタ州立大は米大学リーグのトーナメント「フリスコ・カレッジ・ベースボール・クラシック」を制覇した。

 トールの活躍を地元紙「ジ・ウィチタ・イーグル」も注目。「週末の主役は1年生ペイトン・トール。ショウヘイ・オオタニの真似を高いレベルでやってのけた」などと“元祖二刀流”を引き合いに出して絶賛した。トールが大会におけるDH部門と投手部門でベストナインに選出されたことも触れた。

 ウィチタ州立大公式ツイッターはトールの逆転本塁打の映像を公開。コメント欄には「リトル・ベイビー・オオタニ」「これはリスペクト」「別次元」「凄い!」などと驚愕の声が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集