[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米最速166キロ大学生の“浮き上がる”直球が話題 捕手は「手の神経おかしくなるかも」

米大学野球で驚異の剛腕が話題になっている。テネシー大の21歳、ベン・ジョイスは最速166キロを誇る右腕。6日(日本時間7日)のオクラハマ大戦でも浮き上がるような100マイル(約161キロ)超の直球を披露し、「ライズボール?」「過去最もエゲツない投球」と驚きの声が上がっている。

テネシー大のベン・ジョイスが見せた投球が話題に【写真:Getty Images】
テネシー大のベン・ジョイスが見せた投球が話題に【写真:Getty Images】

テネシー大の21歳ベン・ジョイス、6日の試合も「103.1マイル」を計測

 米大学野球で驚異の剛腕が話題になっている。テネシー大の21歳、ベン・ジョイスは最速166キロを誇る右腕。6日(日本時間7日)のオクラハマ大戦でも浮き上がるような100マイル(約161キロ)超の直球を披露し、「ライズボール?」「過去最もエゲツない投球」と驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 背番号44のジョイスは8回に登板。先頭打者を追い込むと101マイル(約162.5キロ)の直球を投じた。まるで浮き上がるかのように見える剛球に打者は空振り三振。為す術がなかった。打者1人を圧倒し、ジョイスはマウンドを後にした。8-0の勝利に貢献した。

 この“火の玉ストレート”に注目したのが「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏。自身のツイッターにジョイスの投球映像を公開すると、「エグい」「どうなってんの」「ライズボール?」「不公平だ」「過去最もエゲツない投球」「神への道」などと驚愕の声が集まった。

 また、返信欄では米アマチュア野球のスカウティング情報などをMLBなどに提供する組織「パーフェクトゲームUSA」のメンバー、ビニー・セルビノ氏が、この日のネット裏で計測したものとみられる「103.1マイル(約166キロ)」と表示されたスピードガンの画像も掲載した。

 ジョイスの剛腕ぶりは既に地元では話題だ。2月の試合では、昨季のメジャー最速だった103.4マイル(166.4キロ)を超える103.5マイル(約166.6キロ)をマーク。今月2日には米地元紙「ノックスビル・ニュース・センチネル」が特集した。

「ベン・ジョイスの103マイルの速球はどんなものか」と見出しを打って記事を掲載。「指が痺れるんだ」「1年後には僕の手の神経はおかしくなっているかもしれない」などといった捕手のイバン・ラッセルの“証言”を紹介していた。

 日本人最速のエンゼルス・大谷翔平も最速は165キロ。21歳にして、すでにジョイスはそれを上回っている。コントロール、変化球の精度など投手としてさらに磨かれれば、将来は米大リーグ(MLB)で活躍する選手になるかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集