[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクサー鬼門のV1戦 世界王者・谷口将隆、京口紘人から助言「緊張は織り込み済みで」

ボクシングのWBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(ワタナベ)が22日、神奈川・横浜市内のホテルで会見し、同級5位・石澤開(M・T)と4月22日に東京・後楽園ホールで初防衛戦を行うと発表した。興行は「PXB PHOENIX BATTLE 87」として大橋ジムが主催。映像配信サービス「ひかりTV」にて生中継される。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

4月の初防衛戦を発表した谷口将隆、ポーズを取って写真撮影【写真:浜田洋平】
4月の初防衛戦を発表した谷口将隆、ポーズを取って写真撮影【写真:浜田洋平】

谷口将隆VS石澤開、「4.22」初防衛戦発表

 ボクシングのWBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(ワタナベ)が22日、神奈川・横浜市内のホテルで会見し、同級5位・石澤開(M・T)と4月22日に東京・後楽園ホールで初防衛戦を行うと発表した。興行は「PXB PHOENIX BATTLE 87」として大橋ジムが主催。映像配信サービス「ひかりTV」にて生中継される。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 谷口は昨年12月、東京・両国国技館で3度目の防衛戦に臨んだ王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)に11回TKO勝ちした。2019年2月以来2度目の世界挑戦で悲願の王座奪取。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とのダブル世界戦のセミファイナルだった。

 会見では王座奪取後を振り返り「『おめでとう』とたくさんの人にいただきました。最初は実感がなくて落ち着かなかったんですけど、最近ようやく実感が沸いて落ちついて」とコメント。「初防衛戦も決まったのでしっかり気合を入れて頑張っているところです。『挑戦』の方が緊張をする。性格的には『防衛』の方が合っていると思う」とリングを見据えた。

 実は19年9月の日本同級王座挑戦者決定戦で拳を交えた相手。当時は谷口が判定勝ちを収めた。石澤の印象について「一応僕が勝たしてもらったけど、2年半前なので互いに全然違うと思う。2人とも全然違うレベルになっている」と強調。「石澤選手が対戦した選手の中では、僕が一番彼の実力を知っていると思うし、彼は凄い強い。凄く警戒しているので、油断も慢心もなく全力で臨みたい。新しく対策を練り直して凄い考えて戦っていきたいと思います」と息巻いた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集