[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 川内優輝、大逃げ、失速からの大逆転V 米実況アナも嘲笑のち大興奮「信じられない」

川内優輝、大逃げ、失速からの大逆転V 米実況アナも嘲笑のち大興奮「信じられない」

男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、米ボストンで行われたボストンマラソンで2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人として1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙となった。

ボストンマラソンで優勝した川内優輝【写真:Getty Images】
ボストンマラソンで優勝した川内優輝【写真:Getty Images】

31年ぶり快挙の川内、大逆転劇に米実況アナウンサーも「信じられない」と大興奮

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、米ボストンで行われたボストンマラソンで2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人として1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙となった。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 レース開始前から気温5度に届かず、強風が吹き、冷たい雨が降る厳しい環境。棄権者が続出する中、レースは予想通り、スローペースで進んだ。この好機を粘りが持ち味の“公務員ランナー”は見逃さなかった。

 序盤、いきなり集団から飛び出すと、30メートルほど差を広げてトップを快走した。これには思わず、レースを中継する米放送局「NBC」のアナウンサーも「ペースが速すぎる。必ず失速するだろう」と思わず嘲笑。その予想は的中し、6キロ付近で一度は先頭集団から遅れを取った。しかし、これが“川内劇場”の幕開けだった。

 ハーフ辺りで再びスピードを上げてトップ争いに加わると、NBCのアナウンサーは「カワウチの姿が見えている。彼は踏みとどまっている」と驚きを込めて伝えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー