[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロの王座保持をWBO発表 井上尚弥の対抗王者、前日計量回避も医学的根拠を提出

ボクシングのWBO(世界ボクシング機構)は23日、前日計量をキャンセルした世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の王座を剥奪しないことを発表した。王座剥奪の可能性があったが、世界戦線に生き残る形となった。

WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

前日計量回避のカシメロは医学的根拠提出

 ボクシングのWBO(世界ボクシング機構)は23日、前日計量をキャンセルした世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の王座を剥奪しないことを発表した。王座剥奪の可能性があったが、世界戦線に生き残る形となった。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 WBOは公式サイトに声明文を掲載。これまでの経緯とともに「提出された証拠は十分に正当であるため、カシメロはWBO王座を保持する」と記した。

 カシメロは11日(日本時間12日)に予定していたWBO1位ポール・バトラー(英国)との防衛戦の前日計量を直前でキャンセル。減量苦もあり、ウイルス性胃腸炎で入院したと海外メディアに報じられ、試合中止となった。WBOはカシメロ陣営に対し、正式な診断書と医療記録を期日まで提出するよう要求。医学的な証明ができなかった場合は、カシメロから王座を剥奪するとしていた。

 同級暫定王者だったカシメロは、19年11月に正規王者だったゾラニ・テテ(南アフリカ)との試合で団体内王座を統一。20年9月には同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に、今年8月には同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を相手に防衛を重ねた。

 しかし、ともに選択試合だったため、WBOは今回の発表で次戦について指示。カシメロが所属するプロモート会社「プロベラム」に対し「この決定から15日間以内に、条件に従いカシメロ―バトラー戦をリスケジュールするかどうか決定する(必要がある)」とした。バトラーと試合をするかどうか、15日以内の決断が迫られた。カシメロが新たな日程を拒否すればベルトを剥奪されるという。

 バンタム級では、WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)、WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)が4団体統一を狙っている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集