[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、セリーナ撃破を海外続々報道 「彼女のアイドルに慈悲を見せなかった」

テニスのマイアミ・オープンは21日(日本時間22日)、1回戦が行われ、女子シングルスでは世界ランク22位の大坂なおみ(日清食品)が元1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-3、6-2でストレート勝ちを収めた。初優勝を飾ったBNPパリバ・オープンに続く、ジャイアントキリングを海外メディアは一斉に称賛。「彼女のアイドルに慈悲を見せず」「パワフルなサーブと容赦ないリターンはウィリアムズの手にあまるものだった」と圧倒的な強さを称えている。

セリーナ・ウィリアムズと試合後に握手する大坂なおみ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズと試合後に握手する大坂なおみ【写真:Getty Images】

大坂のセリーナ撃破を欧米メディアが続々と速報、注目度はうなぎ上り

 テニスのマイアミ・オープンは21日(日本時間22日)、1回戦が行われ、女子シングルスでは世界ランク22位の大坂なおみ(日清食品)が元1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-3、6-2でストレート勝ちを収めた。初優勝を飾ったBNPパリバ・オープンに続く、ジャイアントキリングを海外メディアは一斉に称賛。「彼女のアイドルに慈悲を見せず」「パワフルなサーブと容赦ないリターンはウィリアムズの手にあまるものだった」と圧倒的な強さを称えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 グランドスラム優勝23回のテニス界のレジェンドと新進気鋭の天然少女による、注目の1回戦はわずか77分で決着がついた。

 英公共放送「BBC」では「マイアミ・オープン セリーナ・ウィリアムズはナオミ・オオサカに1回戦でノックアウトされる」と特集。記事では「彼女のパワフルなサーブと容赦ないリターンはウィリアムズの手にあまるものだった」と伝えている。

 女児の出産で13か月間ツアーから遠ざかっていたセリーナ。これが復帰2大会目だったが、「米国人はどちらのセットもサービスゲームを2回落とし、ブレークバックできなかった」と分析しつつ、産休明けの女王のランキングがプロテクトされていない現行のシードシステムへの批判が高まっていることも紹介している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集