[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「この3日間は情けない」 観客の着信音、パット仕切り直しのハプニングも

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で第3ラウンド(R)が行われた。首位と7打差の17位で出た渋野日向子(サントリー)は4バーディー、3ボギーの70で回り、通算6アンダーでホールアウト時点では暫定19位となった。7番のパーパット前、ギャラリーのスマートホンの着信音が鳴った影響で、仕切り直すハプニングも。渡米前最後の試合も残り1日。「明日こそはもう少しいいゴルフができるように」と会見で語った。

70で回り、通算6アンダーの暫定19位の渋野日向子【写真:Getty Images】
70で回り、通算6アンダーの暫定19位の渋野日向子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス第3R

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で第3ラウンド(R)が行われた。首位と7打差の17位で出た渋野日向子(サントリー)は4バーディー、3ボギーの70で回り、通算6アンダーでホールアウト時点では暫定19位となった。7番のパーパット前、ギャラリーのスマートホンの着信音が鳴った影響で、仕切り直すハプニングも。渡米前最後の試合も残り1日。「明日こそはもう少しいいゴルフができるように」と会見で語った。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 この日は賞金ランク1位の稲見、同4位の西郷と同組。出だし1番パー4でバーディーを奪うなど、2つスコアを伸ばして迎えた7番パー4でハプニングがあった。約2メートルのパーパットを打つ直前、グリーン周りで観戦していたギャラリーのスマホから着信音が鳴り響いた。これで一度仕切り直し。その後放ったパットは外れ、ボギーとなった。

 9番をバーディーとして前半を終えたが、後半は12、15番でボギーを叩き、この日は70。会見では「スタートは凄い良かったと思うんですけど、後半とりきれず悔しいですし、昨日と同じところでミスをしてしまった」と振り返った。

 ショットに関しては「サイドのズレは減ってきている。縦距離でやっちゃいけないミスをしている。良かったものより悔しさの方が勝っている」などと反省。12月の米ツアー予選会に参加するため、今季の国内戦はこれが最後。残り1日となったが「この3日間は情けない。明日こそはもう少しいいゴルフができるように頑張りたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集