[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

橋本大輝、0.017点差2位に無念「結果で恩返しできなかった」 個人総合最年少Vならず

体操の世界選手権は22日、福岡・北九州市立総合体育館で男子個人総合決勝が行われ、東京五輪個人総合&鉄棒2冠の橋本大輝(順大)は87.964点で2位だった。09年内村航平(ジョイカル)の20歳9か月を超える20歳2か月の日本人最年少Vはならず。21歳・張博恒(中国)が0.017点差の87.981点で優勝した。

体操の世界選手権で惜しくも2位だった橋本大輝【写真:Getty Images】
体操の世界選手権で惜しくも2位だった橋本大輝【写真:Getty Images】

世界体操男子個人総合

 体操の世界選手権は22日、福岡・北九州市立総合体育館で男子個人総合決勝が行われ、東京五輪個人総合&鉄棒2冠の橋本大輝(順大)は87.964点で2位だった。09年内村航平(ジョイカル)の20歳9か月を超える20歳2か月の日本人最年少Vはならず。21歳・張博恒(中国)が0.017点差の87.981点で優勝した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 橋本は最初の床運動で大きなミスもなく、演技を終えた。しかし、第2種目の鞍馬で落下。うなだれるようにうずくまった。再開後はしっかりと演じ切り14.166点。第5種目は平行棒で15.066点のハイスコアをマークしたが、張も完璧な演技で15.366点だった。橋本は0.35点差の2位で最後の鉄棒に突入。五輪を制した得意種目で15.133点の高得点を叩き出したが、合計で張にわずか0.017点及ばなかった。

 無念の表情を見せた20歳。テレビインタビューでは「最後の鉄棒まで完璧な演技だったので、本当にミスとか関係なく、疲れとか関係なく、彼が今の世界一だと思います」と勝った張を称賛し、こう続けた。

「僕の演技に歓声であったり、拍手であったりお客さんはしてくれたけど、結果で恩返しができなかった。それ以上に演技で最後に魅せられたらと思っていた。最後に盛り上がってくれて本当にうれしかったです。最後まで夜遅くまで応援してくれて、本当に感謝しかないです」

 会場では多くの日本人ファンが観戦。温かい拍手を受けた五輪王者は「子供たちの前ではカッコいい大人でいたかったですけど、負けてしまって……。悔しいですけど、自分の演技に憧れを持って体操始めてくれたり、スポーツに興味を持ってくれたら、本当に本心です」と胸の内を明かした。

 橋本は19歳で臨んだ東京五輪では、史上最年少で個人総合金メダリストになり、鉄棒も制した。8月7日に誕生日を迎え、10月20日の予選で個人総合首位発進。金メダルを獲得した東京五輪の決勝スコア88.465点に迫る88.040点だった。種目別の鉄棒、床運動、鞍馬、平行棒でも決勝に進出。24日の種目別決勝では、鉄棒で内村と初の直接対決となる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集