[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

同組の勝みなみに6打差完敗 初V逃した2位西郷真央「自分のゴルフがまだまだだった」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終ラウンド(R)が4日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。単独首位で出た勝みなみ(明治安田生命)が6バーディー、1ボギーの66で回り、通算14アンダーで悲願のメジャー大会初優勝を達成した。6打差の2位タイは上田桃子(ZOZO)、西郷真央(大東建託)が入った。

6打差で2位タイとなった西郷真央【写真:Getty Images】
6打差で2位タイとなった西郷真央【写真:Getty Images】

1打差2位発進もツアー初Vならず「パッティングが入らず苦しい展開に」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終ラウンド(R)が4日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。単独首位で出た勝みなみ(明治安田生命)が6バーディー、1ボギーの66で回り、通算14アンダーで悲願のメジャー大会初優勝を達成した。6打差の2位タイは上田桃子(ZOZO)、西郷真央(大東建託)が入った。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 西郷は最終日に苦しんだ。第3Rを終え、1打差の2位と優勝も射程圏に入れていた。前半で2つのスコアを伸ばしたが、後半は3つのボギーで2つスコアを落とした。3バーディー、3ボギーのイーブンパーでフィニッシュ。同組でスコアを5つ伸ばし、優勝した勝とは対照的だった。

「今日はパッティングが入らなくて、苦しい展開が続いてしまい、残念な形で終わってしまった」

 こう振り返った西郷は「今日は17番を除いて、ティーショットがラフに入ったところがボギーになってしまった。それ以外はバーディーチャンスにつけられたので、ショットに関してはそこまで悪くなかったと思います」と冷静に語った。

 国内屈指の難コース。「決勝Rは2日間、ピンポジションが難しかった。午後になるにつれ、ピンポジションが日陰になってしまい、傾斜もかなり読みにくくて、凄く難しかった」と印象を明かした。

 同組だった勝には6打差をつけられ、結果的に完敗。「人は人、自分は自分と思っていたので、自分がなかなかバーディーを獲れない中で、みなみさんは凄くバーディーをたくさん獲って差が開いてしまった」と語った。

 それでも「自分のゴルフがまだまだだったというだけ。また練習して頑張りたい」と前を向き、さらに「ずっと課題になっているパッティングがかみ合ってくれないので、そこをもう少しレベルアップできるように頑張りたい」と意欲を示した。

 今月8日に20歳になる。10代最後の大会でのツアー初Vは逃したが、成長著しい期待の若手。この教訓を糧に飛躍を目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集