[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、MVP争うゲレーロJr.の地元カナダ紙は“白旗”「Jr.に奇跡的な復調ないと…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。今季10勝目はならなかったものの、7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せた。三冠王を目指すブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手とともにア・リーグMVP候補に挙がっているが、ブルージェイズの地元トロントのメディアは「ゲレーロJr.に奇跡的な復調がなければ……ア・リーグMVPの明確な本命はショウヘイ・オオタニ」と白旗を挙げている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

三冠王目指すゲレーロは「挽回に為すべきこと多すぎる」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。今季10勝目はならなかったものの、7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せた。三冠王を目指すブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手とともにア・リーグMVP候補に挙がっているが、ブルージェイズの地元トロントのメディアは「ゲレーロJr.に奇跡的な復調がなければ……ア・リーグMVPの明確な本命はショウヘイ・オオタニ」と白旗を挙げている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 投手としては今季9勝2敗、防御率3.18に156奪三振。打者としては打率.258、45本塁打、98打点、24盗塁。二刀流で大活躍の大谷はMVP候補筆頭とも言われているが、ライバルに挙がるのがゲレーロJr.。MLB最多タイの46本塁打を放ち、打率.315、105打点もリーグ上位という驚異的な22歳だ。

 ただ、カナダ地元紙「トロント・スター」は「ゲレーロ対オオタニ。ロビー・レイ対ゲリット・コール。ア・リーグのワイルドカード争いだけが最終週のストーリーではない」との見出しで記事を掲載。MVP争いについては大谷が有利だと展開している。

 同紙はまず地元のスター、ゲレーロJr.の三冠王争いの行方に注目。本塁打は大谷と1本差、ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手と並んでトップ。打率はアストロズのグリエルに次ぐ2位タイで、打点は首位ペレスと10点差であることが伝えられている。

 記事では「問題はゲレーロJr.がロイヤルズの捕手に10打点差をつけられていること。残された時間が少ない中、挽回に為すべきことが多すぎる」と三冠王へのハードルを指摘。その上で、「ゲレーロJr.は三冠王には届かない公算となるが、最後の6連戦で絶好調ならレースに復帰できる可能性もある」と分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集