[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、手も足も出ない155kmのフロントドアに米困惑「2球目何なんだろう」

米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手が8日(日本時間9日)、本拠地エンゼルス戦で先発。初回は3者連続見逃し三振と完璧な立ち上がりだった。米国の投球分析家が実際の映像を公開。2番のマーシュを打ち取ったフロントドアのツーシームには米ファンから「2球目何なんだろう」などと困惑の声が上がっている。

エンゼルス戦に先発しているパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】
エンゼルス戦に先発しているパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】

初回は3者連続見逃し三振、マーシュへの1球にはファン困惑

 米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手が8日(日本時間9日)、本拠地エンゼルス戦で先発。初回は3者連続見逃し三振と完璧な立ち上がりだった。米国の投球分析家が実際の映像を公開。2番のマーシュを打ち取ったフロントドアのツーシームには米ファンから「2球目何なんだろう」などと困惑の声が上がっている。

 ダルビッシュが完璧な投球でエンゼルス打線を牛耳った。先頭のフレッチャーを外角低めギリギリいっぱいの96マイル(約154.5キロ)で見逃し三振。続く左のマーシュには内角のボールゾーンから手元でストライクゾーンへと曲がる、96マイルのツーシームを投げ込んだ。強烈なフロントドアにマーシュは手が出ない。

 ゴセリンも見逃し三振で初回を3者連続見逃し三振に切って取った。この3つの三振に「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏が脚光を浴びせ、ツイッターに投稿。これに米ファンからは「2球目何なんだろう」とマーシュを打ち取ったフロントドアに困惑の声が上がっている。

 またフリードマン氏自身も、リプライをつけ「ユウにインタビューした時、彼は平坦なグラウンドとキャッチボールのために、意図的に異なるメカニズムを用いて、体を“飽きさせない”ようにしていると言っていた。この男はピッチングサイエンティストだ」と紹介。ダルビッシュの飽くなき探求心に興味を持っているようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集