[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岩井ツインズの妹・千怜がプロ3戦目で初優勝! 19歳が大逆転「強気を貫いて良かった」

女子ゴルフ国内ステップ・アップ・ツアーのカストロール・レディース最終日が3日、千葉・富士市原GC(6420ヤード、パー72)で行われ、20年度プロテスト(今年6月22~25日)に合格した岩井ツインズの妹・千怜(ちさと)が67で回り、通算10アンダーで並んだ上野菜々子とのプレーオフを制して逆優勝を飾った。プロとしては出場3戦目で、初出場のステップ・アップ・ツアーでは初優勝となった。

プレーオフを制し優勝を飾った岩井千怜【写真:Getty Images】
プレーオフを制し優勝を飾った岩井千怜【写真:Getty Images】

前日単独首位の姉・明愛は4位

 女子ゴルフ国内ステップ・アップ・ツアーのカストロール・レディース最終日が3日、千葉・富士市原GC(6420ヤード、パー72)で行われ、20年度プロテスト(今年6月22~25日)に合格した岩井ツインズの妹・千怜(ちさと)が67で回り、通算10アンダーで並んだ上野菜々子とのプレーオフを制して逆優勝を飾った。プロとしては出場3戦目で、初出場のステップ・アップ・ツアーでは初優勝となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 千怜が神がかったパットで激戦を制した。首位の姉・明愛(あきえ)から3打差の4位タイでスタート。前半からスコアを伸ばしたが、14番パー4を終えた時点では首位を走る上野に3打差をつけられていた。しかし、15番パー4で10メートル、17番パー5で7メートル、最終18番パー4で6メートルと立て続けに長いバーディーパットを決めて、ついに上野をとらえた。そして、プレーオフでも落ち着いたプレーを見せ、2ホール連続パー。上野が2ホール目で第2打を池に入れてパーを逃したことで、栄冠と優勝賞金360万円を手にした。

 通算8アンダーで4位だった明愛も含めた優勝争いを制した千怜は試合後、電話取材に「『うれしい』のひと言です。先週の試合(ニトリレディス)で感じた反省で『強気を貫く』を通したことが、いいパットにつながりました。最後まであきらめずにプレーして良かったです」とコメント。今後に向けて「すごく自信になりました。次の試合はまだ決まっていませんが、この流れをつなげていきたいです」と声を弾ませた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集