[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

藤沢に滞在したイタリア代表は何を食べた? 東京五輪アスリートから学ぶ食講座で解説

オンラインイベント「アスリートの体に美味しい食事~地中海式食事法に学ぶ~」(主催:在日イタリア商工会議所)が27日に開催された。このイベントは、イタリア経済開発省によって推進されるプロジェクト「True Italian Taste」の一つ。イタリア国外の消費者に対し、イタリア食材の真の価値を守り、正真正銘のイタリア料理を紹介することを目的としている。

オンラインイベントに登場した橋本玲子栄養士(左)と元フェンシング選手の三宅諒氏(右)【写真提供:在日イタリア商工会議所】
オンラインイベントに登場した橋本玲子栄養士(左)と元フェンシング選手の三宅諒氏(右)【写真提供:在日イタリア商工会議所】

地中海式料理と世界のトップアスリートの食事を学ぶオンラインイベント

 オンラインイベント「アスリートの体に美味しい食事~地中海式食事法に学ぶ~」(主催:在日イタリア商工会議所)が27日に開催された。このイベントは、イタリア経済開発省によって推進されるプロジェクト「True Italian Taste」の一つ。イタリア国外の消費者に対し、イタリア食材の真の価値を守り、正真正銘のイタリア料理を紹介することを目的としている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 イベントの第1部は、プロスポーツチームや選手の栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏による栄養講座。「アスリートも一般の人も健康維持のうえで食事、休養、運動が大事なことは一緒。スポーツ栄養は一部の限られた人のための栄養学というイメージがあるが、一般の人もアスリートの食事から学べることがある」と、地中海式料理と世界のトップアスリートの食事について語った。

 講座のなかで橋本氏は、今年の東京五輪セーリング混合フォイリングナクラ17級で金メダルを獲得した、イタリア・セーリングチームの食事について解説。大会中、チームは試合会場に近い、神奈川県藤沢市に滞在。夕食を鎌倉市のイタリアンレストラン「オルトレヴィーノ」からデリバリーしていたという。

 橋本氏は同レストランの古澤一記シェフに取材。気になる料理の内容だが、「<1>新鮮な素材を使用した体によいもの。<2>野菜や果物をたっぷり使う。<3>家で食べるようなシンプルなメニューが、チームの要望。エネルギー源のパスタ、白米、フォカッチャや雑穀パンなどを主食に、毎日、5~6種類のメインディッシュを用意。選手により体調、気分、食欲が異なるため、一人ひとり、食べたいものを毎日オーダーできるよう配慮していた」と話した。

 チームの1番人気の主菜は、塩コショウで味付けした低脂肪の鶏むね肉のグリル。「海の近くに住む選手・スタッフが多かったため、エビ、サーモン、白身魚などのシーフードも人気。また、味付けは選手が好みで加減できるよう、あらかじめエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルのボトルと塩を一人ひとりに渡し、付け合わせにレモンやパルメザンチーズを添えていた」という。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集