[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

31歳入江陵介、現役続行をSNSで宣言 「引退考えた」「まだ心の中に足りない物あった」

競泳の東京五輪代表・入江陵介(イトマン東進)が自身のツイッターを更新。来年5月に行われる世界選手権に向け、現役続行することを報告した。

競泳の東京五輪代表・入江陵介【写真:Getty Images】
競泳の東京五輪代表・入江陵介【写真:Getty Images】

東京五輪は競泳男子200メートル背泳ぎで7位入賞

 競泳の東京五輪代表・入江陵介(イトマン東進)が自身のツイッターを更新。来年5月に行われる世界選手権に向け、現役続行することを報告した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 自身のツイッターに長文がつづられた画像を掲載。「来年5月福岡で行われる世界選手権に向けて現役を続けさせていただきます。所属させて頂いているイトマン東進の社長からも温かいお言葉を頂き、現役を前向きに考えることができました」と記載されている。

「東京五輪が終わった後は引退することも考えました」と正直な胸の内も明かし、「ゆっくりする時間を過ごしていく中で、好きなだけ寝ても、好きなものを好きなだけ食べても、好きな人とどれだけ過ごしても何かまだ心の中に足りない物がありました。それは自分にとって水泳だったのかも知れません」と思いの変化をつづった。

「東京五輪の結果、また現在31歳ということもあり、周りからは引退する事が当たり前に見られていたと思います。しかしながら沢山の後輩等やスタッフの方々からまだ続けていてほしい、まだ代表にいて戦ってほしいという嬉しい言葉も沢山頂き、必要と思ってくれていることが凄く嬉しかったです。今後に関しては自分のための練習だけではなく、次の世代にどういったものを残していけるのか、何を伝えていけるかを考えながら、必要とされるのであれば若い選手たちと合同でトレーニングしたり日本の競泳界が発展するための存在になりたいです。来年代表に入れる保証はどの選手にもありません。日本代表になるという強い気持ちをもちろん持ちながら自分のタイムを上回る若い選手が出てきてくれることを楽しみにしたいです」とも記している。

 入江は近大1年の08年、北京五輪に出場。12年ロンドン五輪では、200メートル背泳ぎで銀、400メートルメドレーリレーでも銀、100メートル背泳ぎでは銅メダルを獲得した。リオ五輪ではメダルならず。東京五輪での結果は、競泳男子100メートル背泳ぎで準決勝敗退、200メートル背泳ぎで7位入賞、400メートルメドレーリレーは第1泳者を務め、日本は6位だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集