[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が“魔球”連発 面白いように曲げて落とした3球に米仰天「加工映像に見える」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)のレンジャーズ戦に「2番・投手」で二刀流出場。6回6奪三振1失点で6勝目を手にした。3回には3つのアウト全てを三振で奪ったが、米国の投球分析家が低めに変化球を集めた圧巻の3球を映像で公開。米ファンからは「ばかげている」「チートだ」などと驚きの声が上がっている。

レンジャーズ戦で二刀流先発の大谷翔平が今季6勝目を挙げた【写真:AP】
レンジャーズ戦で二刀流先発の大谷翔平が今季6勝目を挙げた【写真:AP】

6回1失点で6勝目、3三振奪った3回の投球に脚光

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)のレンジャーズ戦に「2番・投手」で二刀流出場。6回6奪三振1失点で6勝目を手にした。3回には3つのアウト全てを三振で奪ったが、米国の投球分析家が低めに変化球を集めた圧巻の3球を映像で公開。米ファンからは「ばかげている」「チートだ」などと驚きの声が上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷が変化球で牛耳った。3回先頭のホルトに対しては、低めに沈むスプリットを振らせた。続くテリーには77マイルのカーブ(約124キロ)のカーブを低めぎりぎりに制球し、見逃し三振。さらに2死一塁ではロウに低めのスライダーを振らせた。

 3つのアウト全てを三振で締めた大谷の3階の投球に「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が脚光。実際の映像を投稿すると、「いやらしいカーブ…」「誰かショウヘイ教を始めた人はいる? これは信じることのできる神だ」「彼のカーブはナイスだ」「最後の球はばかげている。チートだ」「加工映像に見える」「MVP」などと称賛の集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集