[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平タイムリーが“快挙”を演出 中継ぎ課題のエンゼルス、「1-0勝利」は3年ぶり

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。3回に右中間へ先制二塁打を放ち、4打数1安打1打点だった。チームの勝利に貢献したが、大谷の一打がエンゼルスの3年ぶりの“快挙”を演出することになった。

3回に右中間へ先制二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
3回に右中間へ先制二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷の適時打で挙げた1点を計4投手が守り切る

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。3回に右中間へ先制二塁打を放ち、4打数1安打1打点だった。チームの勝利に貢献したが、大谷の一打がエンゼルスの3年ぶりの“快挙”を演出することになった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 0-0で迎えた3回1死一、二塁。大谷は左腕アービンから甘く入った速球を見逃さず、右中間へ打ち返して先制二塁打とした。二塁ベースに到達すると、相手の遊撃手アンドラスと笑顔で言葉を交わし、友好ムードだった。

 チームはこの1点を守り切って勝利したが、この裏である“快挙”が生まれていた。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は「(先発の)バリアは素晴らしかった。イグレシアスは4者を抑えてセーブ」とツイートした。

 さらに「エンゼルスは今季2度目の零封(いずれもアスレティックス戦)で、1-0での勝利は2018年9月以来」と紹介。1-0の勝利は実に3年ぶりの出来事だったという。

 エンゼルスといえば、投手陣が課題とされ、特に中継ぎ陣が打ち込まれることが目立つ。それだけに、先発・バリア以降、守護神のイグレシアスまで計4投手の継投で守り切ったことは特筆すべき勝利となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集