[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ディープ産駒が計24馬身差で英愛オークスV 英メディア衝撃「過去100年超で最大着差」

海外競馬のG1愛オークス(3歳牝)が17日、カラ競馬場で行われ、ディープインパクト産駒の日本産馬スノーフォール(牝3・A.オブライエン)が史上15頭目の英愛オークス制覇を果たした。16馬身差で圧勝した英オークスに続き、8馬身半差の楽勝。そのレース映像は瞬く間に拡散され、海外メディアも「愛オークスで過去100年以上で最大着差を記録」と衝撃を受けている。

スノーフォールが史上15頭目の英愛オークス制覇を果たした【写真:Getty Images】
スノーフォールが史上15頭目の英愛オークス制覇を果たした【写真:Getty Images】

8馬身半差で愛オークス制覇、大楽勝のレース映像が話題に

 海外競馬のG1愛オークス(3歳牝)が17日、カラ競馬場で行われ、ディープインパクト産駒の日本産馬スノーフォール(牝3・A.オブライエン)が史上15頭目の英愛オークス制覇を果たした。16馬身差で圧勝した英オークスに続き、8馬身半差の楽勝。そのレース映像は瞬く間に拡散され、海外メディアも「愛オークスで過去100年以上で最大着差を記録」と衝撃を受けている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ディープインパクトの娘がまたも快挙だ。ライアン・ムーア騎手鞍上のスノーフォールは8頭の4、5番手を追走。直線を向き、軽く仕掛けるとあっという間に先頭へ。あとはちぎる一方。画面から後続が消え、独り旅でゴール板を駆け抜けた。2分34秒36の勝ち時計で2着に8馬身半差。英オークスと合わせ、計24馬身半差で英愛オークスW制覇を成し遂げた。

 海外メディアも称賛するしかない。英専門紙「レーシングポスト」は「卓越したスノーフォールが愛オークスで過去100年以上で最大着差勝利を記録」と紹介。「センセーショナルで心を鷲掴みにし、それでもこれ以上の可能性を秘めている」と絶賛した。英公共放送「BBCスポーツ」は「愛オークス:スノーフォールがカラで2冠達成」と見出しを打ち、「猛烈なパフォーマンスだ」などと報じた。

 ディープインパクトを父に持つスノーフォールは日本で生まれ、その後に渡欧。アイルランドの名伯楽、A.オブライエン師の下で調教を積んでいる。欧州競馬の最高峰、G1凱旋門賞でも有力候補に挙がっているスノーフォール。日本競馬ファンの夢も乗せた牝馬の期待がさらに膨らむ圧勝だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集