[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元ヤンキース広報の広岡勲氏、東京五輪で野球・ソフトのメディア運営統括に

米大リーグのヤンキースなどで広報を務めた広岡勲氏が、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のベニューメディアマネージャー(野球・ソフトボール担当)に就任することが明らかになった。会場におけるメディア運営統括を行い、管理業務を指揮する。

ヤンキースなどで広報を務めた広岡勲氏【写真:Getty Images】
ヤンキースなどで広報を務めた広岡勲氏【写真:Getty Images】

ベニューメディアマネージャーに就任「正式種目に定着できるよう尽力」

 米大リーグのヤンキースなどで広報を務めた広岡勲氏が、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のベニューメディアマネージャー(野球・ソフトボール担当)に就任することが明らかになった。会場におけるメディア運営統括を行い、管理業務を指揮する。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 広岡氏は2003年、プロ野球・巨人からヤンキースに移籍した松井秀喜氏の求めに応じ、日本人初の球団広報に。その後、松井氏とともにヤンキース、エンゼルス、アスレチックス、レイズの4球団を渡り歩き、広報兼環太平洋担当を計10年間務めた。

 現在は江戸川大教授、読売巨人軍アドバイザー、日本相撲協会理事補佐・危機管理担当を兼務する広岡氏は、3年前にベニューメディアマネージャー就任の要請を受けていたという。野球とソフトボールは08年北京大会以来の五輪競技復活となるが、「プロ野球は公式戦を中断し、一丸となって五輪に臨む。近い将来、野球とソフトボールが五輪の正式種目に定着できるよう尽力したい」と意気込みを語った。

◇広岡勲(ひろおか・いさお)
1966年、東京都大田区生まれ。早稲田中学・高校卒業後、ハワイパシィフィック大学卒業。ニューヨーク市立大学大学院修士課程修了。慶應義塾大学大学院博士課程退学。千葉工業大学大学院博士課程満期退学。報知新聞社にて長嶋茂雄番など巨人担当記者を歴任し、ニューヨーク・ヤンキースへ入団。WBC日本代表統括広報、日本相撲協会理事長付アドバイザーを経て現職。著書は「道は自分で切りひらく」(岩波書店)など多数。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集