[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「小さな尻と胸を揶揄された」 アスリート体形の偏見に悩まされた女子水泳選手が告白

東京五輪に出場する水泳のアーティスティックスイミング英国代表の女子選手がアスリート体形を揶揄された過去を明かしている。英公共放送「BBC」が「英国チームのスイマー『私たちの小さなお尻と胸を揶揄された』」との記事で報じている。

水泳のアーティスティックスイミング英国代表のケイト・ショートマンとイジー・ソープ【写真:Getty Images】
水泳のアーティスティックスイミング英国代表のケイト・ショートマンとイジー・ソープ【写真:Getty Images】

アーティスティックスイミング英国代表2人がアスリート体形について発信

 東京五輪に出場する水泳のアーティスティックスイミング英国代表の女子選手がアスリート体形を揶揄された過去を明かしている。英公共放送「BBC」が「英国チームのスイマー『私たちの小さなお尻と胸を揶揄された』」との記事で報じている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 取り上げているのは、19歳のケイト・ショートマンと20歳のイジー・ソープの2人。「プロのシンクロナイズドスイマーとしての彼女たちの体によって揶揄され、いじめられた」と過去をクローズアップしている。

 2人は自身の体形について「大きな肩と小さな胸に小さなお尻」と表現するという。記事では「彼女たちの体は10年間の強度の高いトレーニングの賜物だ」と言及。しかし、これまで「男っぽい」「筋肉質すぎる」と言われてきたという。ソープは「スイマーは大きな肩を持つ傾向にあります。私がもっと若かった時、肩を隠す服を着ていました。だぶだぶで(肩の大きさを)気付きにくくする服です」と話したという。

 また「もし、私がソーシャルメディアに写真を載せるとしたら、肩から上のものにするか、目立ちにくくしてネガティブなコメントがつかないようにします」とSNSでも自然と体形が周りの目に触れないように配慮したという。

 一方のショートマンは公共のプールで「体を覆ってもらえませんか?」と言われると明かし、「みんなと同じワンピース型のコスチュームを着ているだけなのに、私たちはアスリート体形によって水着が自然に臀部のより高い位置にフィットするのです」と露出が増えてしまうと吐露。「男性がスピード社の水着を着て歩き回っても良いのに、女性が肌を見せたら露出していると非難されてしまうのはおかしなこと」と疑問の声を上げたという。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集