[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「マンモス級本塁打」 米紙はベテラン勢の驚き紹介「頭抱え、口を広げた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。3回の第2打席に右翼席へ飛距離463フィート(141メートル)の33号ソロを放った。4打数1安打1打点で、チームは3-7で敗れたものの、米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「マンモス級の本塁打」と衝撃の一発を表現。記事で同僚の反応について「大ベテランたちも唖然とするしかなかった」と記している。

第2打席、右翼席へ特大の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第2打席、右翼席へ特大の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

141メートル33号に「大ベテランたちも唖然」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。3回の第2打席に右翼席へ飛距離463フィート(141メートル)の33号ソロを放った。4打数1安打1打点で、チームは3-7で敗れたものの、米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「マンモス級の本塁打」と衝撃の一発を表現。記事で同僚の反応について「大ベテランたちも唖然とするしかなかった」と記している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 敵地が騒然となる一発だった。3回1死走者なし。大谷は相手左腕ゴンザレスが投じた内角高めの球を強振。打った瞬間、誰もがスタンドインを確信した。ボールは右翼席へ。あまりの飛距離に、中継画面ではボールを完全に捉えることはできなかった。貫禄の33号で、大谷はゆっくりとホームイン。ベンチで見つめた同僚も驚き、大興奮だった。

 実際の映像をMLB公式ツイッターなどが公開していたが、「ロサンゼルス・タイムズ」は「ショウヘイ・オオタニがマンモス級の本塁打を放つも、エンゼルスは序盤のリードを守れずに3-7でマリナーズに敗北」と見出しを打って記事を公開。同僚たちの反応を記事で紹介している。

 大谷が本塁打を放った瞬間については「ホセ・イグレシアスは(通訳の)イッペイ・ミズハラを抱きしめた。ジャスティン・アプトンは頭を抱えた。カート・スズキも同じようにベンチの後ろで口を広げて驚いていた」と描写している。

 記事ではイグレシアス、アプトン、スズキは、3人で合計4250試合以上出場していることを紹介。「そんな大ベテランたちでも一斉に唖然とするしかなかった。ショウヘイ・オオタニは彼らが見たことのない光景を目撃させた」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集