[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の独壇場にSNS呆れた 2発のちサヨナラ激走「マンガでも無理ある設定」【10戦8発の衝撃】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、レッドソックス戦で32号ソロを放ち、松井秀喜氏の持つ日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。これで直近10試合で8本塁打と量産体制。「10戦8発の衝撃」と題し、この期間中にグラウンド内外で起きた様々な名シーンを振り返る。今回は2日(同3日)のオリオールズ戦だ。29、30号と2打席連発。9回には好走塁でサヨナラのホームを踏んだ。米メディアが激走シーンを動画で公開。米ファンの喝采を浴びていたが、日本のファンは驚きを通り越しているようだった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

8本塁打放った直近10試合を振り返る、2発&サヨナラ激走でファン熱狂

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、レッドソックス戦で32号ソロを放ち、松井秀喜氏の持つ日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。これで直近10試合で8本塁打と量産体制。「10戦8発の衝撃」と題し、この期間中にグラウンド内外で起きた様々な名シーンを振り返る。今回は2日(同3日)のオリオールズ戦だ。29、30号と2打席連発。9回には好走塁でサヨナラのホームを踏んだ。米メディアが激走シーンを動画で公開。米ファンの喝采を浴びていたが、日本のファンは驚きを通り越しているようだった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 まさに大谷劇場だった。クライマックスは9回だ。1死から勝負を避けられるような形の四球で出塁。2死から盗塁を決めた。そしてウォルシュが右前に鋭い打球を飛ばす。やや前目に守っていたマッケンナが前進しながら捕球し、すかさずバックホーム。ワンバウンドでのストライク送球だったが、大谷の伸ばした長い右足がほんのわずかに先にホームに到達していた。

 クロスプレーで転がった大谷は、大の字になったまま両こぶしを天に突き上げる渾身のガッツポーズ。そんな背番号17のもとに笑顔のチームメートが即座に駆け寄り、抱き起こした。そして大谷はマウンド付近にできた歓喜の輪に加わっていった。

 サヨナラシーンを動画で公開したのは米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッター。「ウォルシーのサヨナラ!」と題した動画には米ファンから「あのヒットで二塁から得点したショウヘイのエリート級のスピード」などと反響が寄せられていたが、SNS上の日本のファンも熱狂していた。

 ツイッターでは「凄すぎ」「まじばけもの」「我々は一体、何を目撃しているのか」「マジで野球漫画の主人公」などの声が上がる一方、「大谷のやってることはマンガでもやり過ぎ」「マンガでも無理ある設定」「今流行ってる『大谷翔平』ってドラマ、主人公が最強すぎて現実味がない」などと呆れるようなツイートも溢れていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集