[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の争奪戦 1年がかりの本気をシアトル紙回顧「嘆きは同時に彼への畏敬の念」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、日本人選手のシーズン最多本塁打記録を更新する32本塁打をマーク。二刀流で活躍しているが、マリナーズが大谷の獲得に乗り出していた当時について、シアトルの地元紙が回顧。入団に「逆効果だった」かもしれないという球団のアピールポイントにも触れている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷が米挑戦した際のことを米紙が回顧

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、日本人選手のシーズン最多本塁打記録を更新する32本塁打をマーク。二刀流で活躍しているが、マリナーズが大谷の獲得に乗り出していた当時について、シアトルの地元紙が回顧。入団に「逆効果だった」かもしれないという球団のアピールポイントにも触れている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 シアトルの地元紙「シアトルタイムズ」は「ショウヘイ・オオタニがマウンドと打席で輝きを放つ時、マリナーズはもしもの思いを巡らす」と見出しを打って記事を掲載。大谷が日本からMLBへ移籍した時のことを回顧している。

 NPBで大谷がプレーしていた2017年シーズン終了後に向け、マリナーズは1年がかりで獲得の準備をしていたという。

「ジェリー・ディポトGMは彼に惚れ込み、オオタニを見るために日本へと飛び、内輪で彼のことを『ロイ・ハブス』(映画「ナチュラル」の主人公の名前。MLBで大活躍する天才)と呼んでいた。自身のポッドキャストで『マリナーズが全力で獲りに行く』ことを明かした」

 結局大谷はエンゼルス入団を選んだが、記事では同GMとスコット・サービス監督に獲得プロセスへの悔いはなく、大谷の決断も全く恨んでいないと伝えられ、このようにも記されている。

「事実、2人ともオオタニに魅了され、楽しませてもらっているのだ。101マイル(約162.5km/h)の球を投げ、450フィート(約137メートル)の本塁打を放つ選手の話を聞いて驚かずにいられるだろうか? NPBでオオタニの同僚であったアンソニー・バスは彼のことを『10ツール・プレイヤー』と呼んでいる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集