[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

EUROの“レーザー照射事件”が物議 欧州メディア一斉報道「卑劣な勝利」「ブチギレ」

現地時間7日に行われたサッカーの欧州選手権(EURO)準決勝、イングランド―デンマーク戦で、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの顔にレーザー照射があてられたことが海外で物議を醸している。欧州メディアは「イングランドの卑劣な勝利」「デンマーク、EURO敗退にブチギレ」などと一斉に報じている。

デンマーク代表のカスパー・シュマイケル【写真:AP】
デンマーク代表のカスパー・シュマイケル【写真:AP】

ファンの愚行で「UEFAがイングランドを調査」

 現地時間7日に行われたサッカーの欧州選手権(EURO)準決勝、イングランド―デンマーク戦で、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの顔にレーザー照射があてられたことが海外で物議を醸している。欧州メディアは「イングランドの卑劣な勝利」「デンマーク、EURO敗退にブチギレ」などと一斉に報じている。

【注目】スポーツ好きなら活用すべし アスリートとサポーターを“つなぐ”『チアスタ!』の教科書

 問題のシーンは延長前半12分。イングランドがPKのチャンスを得た場面だ。キッカーのFWハリー・ケインと対峙したシュマイケルの顔が、緑色に照らされる。レーザー光線だ。観客席から向けられたもので、シュマイケルの目を狙い、セービングの邪魔をしている。

 イングランドファンによるこの愚行にも負けず、シュマイケルは一度PKをセーブしたが、こぼれ球を決められ1-2でデンマークが敗れた。欧州メディアは、挙ってこの場面を取り上げている。

 英紙「ザ・サン」は「デンマーク正GKシュマイケル、顔にレーザーを当てながらもケインのPKをセーブ」と見出しを打ってこの場面に脚光。ドイツ紙「ビルト」は実際の動画を公式サイトに公開し「イングランドの卑劣な勝利。デンマークGKにレーザー攻撃」とこの出来事を批判した。

 スイス紙「ブリック」は「おかしなPKにレーザー攻撃、そしてホームの利」とのタイトルで記事を掲載。ピッチに別のボールが存在する中でもプレーが続けられるなどしたことに触れ「デンマーク、EURO敗退にブチギレ」と報じている。

 スペイン紙「マルカ」英語版は「PKでケインへのレーザー行為に関し、UEFAがイングランドを調査」と、レーザー照射をした行為について欧州サッカー連盟(UEFA)が調査をすることとなったと伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集