[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「Rソックスにとってオオタニは圧倒的すぎた」 ねじ伏せられたボストン番記者が脱帽

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発。打撃では4打数1安打1打点。投げては7回5安打2失点の好投で、渡米後、自己最多に並ぶ4勝目を飾った。米記者からも次々と称賛の声が上がっている。

レッドソックス戦で7回5安打2失点と好投し、4勝目をあげたエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッドソックス戦で7回5安打2失点と好投し、4勝目をあげたエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

マグワイア記者も絶賛「驚異的な7イニングだった」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発。打撃では4打数1安打1打点。投げては7回5安打2失点の好投で、渡米後、自己最多に並ぶ4勝目を飾った。米記者からも次々と称賛の声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷が好調レッドソックス打線を封じ込めた。制球を乱すことがなく、7回を無四球。89球のうち65球がストライクだった。変化球ではスローカーブを効果的に配球。98マイル(約158キロ)のファストボールとは対照的な、68マイル(約109キロ)のスローカーブを大胆に使った。

 安定感が光った大谷の投球にツイッター上の米記者からは拍手が送られている。MLB公式サイトのレッドソックス番イアン・ブラウン記者は「レッドソックスにとってオオタニは圧倒的過ぎた。そしてボガーツの2ランも奪われてしまったし」と脱帽だった。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニは、メジャー屈指の最強打線を誇るレッドソックスを相手に、驚異的な7イニングだった」と絶賛。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニはエンゼルスタジアムでの8先発は防御率1.87である。一方、ロードでは5先発で防御率6.46」と本拠地での安定した投球にフォーカスしている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集