[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、二盗&サヨナラ激走! 走力に米記者狼狽「あの浅い安打でどうやって…?」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のオリオールズ戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で2試合ぶりの29号本塁打を放つと、続く4回の第3打席では2打席連発となる30号を左翼席に放り込んだ。そして9回の第5打席では四球で出塁すると二盗に成功。続くウォルシュの浅い右前打で間一髪生還し、サヨナラ勝ちを収めた。地元メディアが大谷の激走シーンを動画で公開。快足ぶりが称賛を浴びている。

ウォルシュの右前打で生還したエンゼルスの大谷翔平(左)【写真:Getty Images】
ウォルシュの右前打で生還したエンゼルスの大谷翔平(左)【写真:Getty Images】

快足飛ばしてサヨナラの生還、米ファン「エリート級のスピード」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のオリオールズ戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で2試合ぶりの29号本塁打を放つと、続く4回の第3打席では2打席連発となる30号を左翼席に放り込んだ。そして9回の第5打席では四球で出塁すると二盗に成功。続くウォルシュの浅い右前打で間一髪生還し、サヨナラ勝ちを収めた。地元メディアが大谷の激走シーンを動画で公開。快足ぶりが称賛を浴びている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷にできないことはないのだろうか。クライマックスは9回だ。1死から勝負を避けられるような形の四球で出塁。2死からウォルシュの打席の初球で盗塁を決めた。そしてウォルシュが右前に鋭い打球を飛ばす。やや前目に守っていたマッケンナが前進しながら捕球し、すかさずバックホーム。ワンバウンドでのストライク送球だったが、大谷の伸ばした長い右足がほんのわずかに先にホームに到達していた。

 サヨナラだ。クロスプレーで転がった大谷は、大の字になったまま両こぶしを天に突き上げる渾身のガッツポーズ。そんな背番号17のもとに笑顔のチームメートが即座に駆け寄り、抱き起こした。そして大谷はマウンド付近にできた歓喜の輪に加わっていった。

 サヨナラシーンを動画で公開しているのは米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッター。「ウォルシーのサヨナラ!」と題した動画には米ファンから「スタジアムの熱気が凄いね」「何てプレーだ!」「あのヒットで二塁から得点したショウヘイのエリート級のスピード」などと反響が寄せられている。

 大谷の走塁にはツイッター上の米記者も称賛を送っている。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ショウヘイはスーパーヒーローだ。あの短いシングルヒットでどうやって得点したんだ?」と驚けば、米メリーランド州地元紙「ボルチモア・サン」のオリオールズ番ジョン・メオリ氏も「もう午前1時15分だから誰もこのツイートを見てないだろうけど、ジャレッド・ウォルシュは109マイル(約175キロ)の打球を肩の強いライアン・マッケンナへ向かって打った。ボールが捕球されたときショウヘイ・オオタニは三塁あたりにいた。そして、それでも得点した」と大谷の走力に脱帽だった。

 2本塁打だけでなく、走力でも沸かせた大谷。文字通りの1人舞台だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集